ミルク作り方(1歳~)

【簡単・安全に調乳できる!?】電気ケトルでの粉ミルクの作り方を徹底解説

記事の表紙タイトルで『電気ケトルでのミルクの作り方』

こんにちは、子育て奮闘中 & 執筆担当のチャン太郎です🐶

今回は電気ケトルを使ったミルクの作り方について解説していきます。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
あと作り方を説明していく中で、みなさんが気になる下記内容にも触れていきたいと思います
  • 安全なミルクができるの?
  • 簡単で楽に作ることができるの?
  • 作る時間は短縮できるの?
  • コスト(電気代)はどれぐらいかかるの?

 

結論からいいますと電気ケトルでのミルク作りは、事前に湯冷ましを作るのに時間はかかりますが、比較的短時間で作ることができます。ただ授乳回数が多い0~1歳にはおすすめできません。

 

夜中多い時だと2~3回与えるミルク、できるだけ簡単で早く作れる方法にしたいです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
あと忘れてはいけないのが、赤ちゃんに飲ますのに安全なミルクを作る必要があります

この記事を読めば電気ケトルによるミルク作りの良い or あまり良くないところ全てが分かりますよ。

 

それでは早速本文にいってみましょう

電気ケトルでミルクを作る前準備

電気ケトルと湯冷まし

電気ケトルを使って粉ミルクを作る場合、湯冷ましを事前に準備しておく必要があります。

それは湯冷ましがないと作業効率が悪くなり、ミルクを作るのに時間がかかってしまうからです。

水道水にはトリハロメタンとカルキ(残留塩素)が含まれてますので、10分間以上沸騰させてこれらを抜く必要があります。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ただ毎回ミルクを作るたびにこんなことやってられません

なので事前にヤカンや鍋で10分間以上沸騰させたお湯を作って、いつでも使えるように冷蔵庫に保管しておく必要があります。

やかんと鍋で水道水を沸騰させている

湯冷ましの作り方や保管方法について詳しく知りたい方はコチラ☟

【粉ミルク作りで必須!】なぜ湯冷ましを使わないとダメなの?また作り方は?

 

あと電気ケトルの機能上、実は連続して沸騰させることができないです💦それは次章で説明しますね

電気ケトルでミルクのお湯を作る際『トリハロメタン&カルキ』抜きはできるの?

電気ケトルを使ってカルキを抜いている

そもそも電気ケトルで10分間以上沸騰させて、トリハロメタンとカルキ(残留塩素)を除去することができないのか?

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
やろうと思えばできますがすごく大変💦効率が悪すぎるのでやめた方がいいです

それは一般的な電気ケトルの機能上、沸騰(100度まで到達)して10~15秒ぐらいで自動でスイッチがOFFになるからです。

10分間以上沸騰させるとしたら、数十回スイッチが切れるたびに手動で毎回ONする必要があります。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
なるほど、これは現実的なやり方ではないね

電気ケトルを使った粉ミルクの作り方について

電気ケトルを使ってミルクを作る

それでは湯冷ましが事前に用意できたところで、電気ケトルを使ってのミルクの作り方について解説していきましょう。

大きく分けて2パターンの作り方があります。

80度のお湯を使った作り方

これは一番スタンダードな作り方になります。

80度に温度設定ができる電気ケトルを使いましょう。今回は『シロカ(SK-D171)』を使います。
電気ケトルsirocaの機能説明

なぜ80度か?といいますと、粉ミルクに含まれる雑菌を死滅させれる温度が70度なので余裕をもったこの設定にしてます。ぶっちゃけ100度でもいいのですが、これだと冷めにくくなりますので80度が丁度いいワケです✨

あと容量に関してですが電気ケトルの場合、お湯は1回分づつ作りますので0.8Lもあれば十分!

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
基本電気ケトルはお湯を長時間保温して使うものではないです。保温できても60分とか短い仕様のものがほとんど💦

 

では早速、200mlのミルクの作り方を例にあげて解説していきたいと思います。

  1. 最初に冷蔵庫から湯冷ましを出して準備
  2. 余裕を持って300mlの湯冷ましをケトルに投入
  3. 80度に沸騰させる(所要時間約2分)
  4. 哺乳瓶に粉ミルクを入れお湯を100ml投入※1.
  5. お湯を投入後すぐ30秒間混ぜる
  6. 追加でお湯を100ml投入※1.
  7. 氷水につけて34~40度に冷やす(所要時間約5分※2.)

注)※1.と※2.は作る量によって変わります。

電気ケトルを使ったスタンダードなミルクの作り方手順1~4
電気ケトルを使ったスタンダードなミルクの作り方手順5~7

※1.お湯の投入量について
混ぜるとダマにならないお湯の量一覧

※2.ミルク40~200mlが34〜40度に冷える目安時間

冷やす前温度冷やした後温度所要時間
40ml71.8度38.2度1分40秒
80ml72.6度38.0度2分30秒
120ml74.4度38.4度3分20秒
160ml73.5度38.0度4分10秒
200ml73.8度38.0度4分40秒

 

【安全面】
この作り方だと、水道水に含まれる残留塩素(カルキ)とトリハロメタンはほぼ除去できます。しかし有害物質の鉛、水銀、カドミウムまでは除去できないです。これらは微量なので問題は無いとは言われますが・・ただ赤ちゃんに飲ませるものなので気になるところではあります。

【作業性】
湯冷ましを作る必要があったり、ミルクを冷やす氷水の段取りが必要なので面倒です。

【所要時間】
氷水でミルクを飲み頃の34~40度まで冷ます時間が意外とかかります。量が200mlになってくると5分もかかる。

このやり方だと冷やすのに時間がかかり過ぎますので、次の『100度のお湯と冷えた湯冷ましを使っての作り方』をおすすめいたします。

100度のお湯と冷えた湯冷ましを使っての作り方

電気ケトルを使ったミルク作りなら、こちらのやり方をおすすめいたします。

電気ケトルは100度に沸騰させることができれば正直なんでもいいです。今回は特別な機能が何にもついていない、おしゃれ重視で買ったブルーノを使います。

ブルーノ電気ケトルの機能を説明

では先程と同様に、200mlのミルクの作り方を例にあげて解説していきます。

  1. 冷えた湯冷ましを準備
  2. 余裕を持って300mlの湯冷ましをケトルに投入
  3. 100度に沸騰させる(所要時間約2分)
  4. 哺乳瓶に粉ミルクを入れお湯を100ml投入※1.
  5. お湯を投入後すぐ30秒間混ぜる
  6. 冷えた湯冷ましを100ml投入※1.
  7. 20秒間混ぜれば完成

注)※1.は作る量によって変わります。

電気ケトルを使った裏技的な作り方手順1~4
電気ケトルを使った裏技的な作り方手順5~7

※1.お湯の投入量について
100度のお湯と7度の冷水を混ぜる割合を表した一覧表

 

【安全面】
『80度のお湯使った作り方』と同様になります。水道水に含まれる残留塩素(カルキ)とトリハロメタンは除去できますが、鉛・水銀・カドミウムなどの有害物質までは除去できないです。

【作業性】
湯冷ましを作る必要がありますので少し面倒です。

【所要時間】
沸騰させる時間と混ぜる時間を合わせて3分ぐらいで出来ます。 先程みたいにミルクを冷やす工程がありませんので、時間短縮が可能です。

 

まとめ:1歳~の調乳に使うお湯は電気ケトルで作ろう

1歳ぐらいの赤ちゃんがミルクを飲んでいる

電気ケトルを使ったミルクの作り方について解説してきました。

電気ケトルを使って100度に沸かしたお湯と、冷蔵庫で冷やした湯冷ましを混ぜ合わせる方法なら3分と比較的短時間で出来ます。

ただ湯冷ましを作って事前に冷蔵庫に入れておく作業がありますので、正直面倒臭い一面があります。

安全面については、残留塩素(カルキ)と発ガン性のあるトリハロメタンは除去はできます。ただ有害物質として含まれる鉛、水銀、カドミウムまでは除去はできません。含まれる量は微量ですが、正直赤ちゃんに飲ますには少し抵抗があります💦

ご心配な方はRO水を使いましょう。これなら有害物資はほぼ全て除去することが可能です。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
正直湯冷ましを作るのが面倒だし、0~1歳はまだ授乳回数が多いのでウォーターサーバーを使った方が楽です。それだと1分ちょっとでミルクができちゃいます✨
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
電気ケトルは1歳~授乳回数が減ってきたタイミングで使うのがいいかもしれません

 

それでは長くなってきましたので今回はこの辺で・・最後までお読みくださいありがとうございました<(_ _)>

ではまたお会いしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA