ミルク作り方(1歳~)

【失敗しない!おすすめ3選とは?】粉ミルク作りに使う電気ケトルが欲しい♪

記事の表紙タイトルで『ミルク作りで使うおすすめの電気ケトル3選』

こんにちは、子育て奮闘中 & 執筆担当のチャン太郎です🐶

今回はミルク作りで使う、おすすめの電気ケトルについて紹介していきます。

ミルクを作るにはお湯が不可欠です。そのお湯を作る方法の1つとして電気ケトルは、低コストで比較的早くミルクが作れるということで人気があります。

人気になる要素としては・・

  • 安全性(ケトルで作ったお湯は安全か?)
  • 作業性(使い勝手が良いか?)
  • コスト(電気代はいくらか?)
  • 時間(どれぐらいかかるか?)
  • メンテナンス性(清掃はしやすいか?)
  • 外観(インテリアとして魅力的か?)

一般的にこれら6点があげられます。

今から厳選した商品3選を、上記項目に沿って紹介していきたいと思います。もちろんメリット・デメリット両方包み隠さず全てぶちまけていきますよ。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
後悔しないように特にデメリットは、しっかり読んでおいて下さい

おすすめの電気ケトル3選について

電気ケトルおすすめ3選と書かれた看板
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
下記3点が今回厳選した商品になります
  • T-FaL『アプレシアコントロールホワイト0.8L』
  • siroca『温度調節電気ケトル ブラック 0.8L』
  • BRUNO『ステンレスデイリーケトル1.0L』

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
簡単に選ぶポイントを先にサラっと言っておきます

温度調節機能付きのものを選ぶならT-FaLかsirocaになります。80度のお湯で粉ミルクを溶かして、氷水で冷やす方法ならこのどちらかを選んで下さい。

また100度のお湯で粉ミルクを溶かして、冷蔵庫で冷やした湯冷ましを混ぜ合わせる方法ならどれを選んでもらってもOKです。

☞詳しく知りたい方はコチラ!電気ケトルでの作り方は2通りある。

 

メンテナンス性で選ぶなら形状的にT-FaLになります。sirocaとBRUNOは注ぎ口が細く清掃がしにくいです。でも逆に作業性としては、注ぎ口が細い方が哺乳瓶にお湯を注ぎ易くなりますので悩ましいところ💦

外観に関してはBRUNOが断トツおしゃれで、インテリアとしても十分に存在感があります。sirocaもおしゃれですが、ぶっちゃけそれより2ランクぐらいに上に感じます。

ミルク作りに使う電気ケトルについてまとめてみました☟

【あらゆる面から調査!】電気ケトルでの粉ミルク作りは『有り』or『無し』どっち?

 

それでは商品を紹介していきます。下記に製品のメリット・デメリットを全て網羅してまとめておりますので、読者様にマッチするものを選んでいただけたらと思います。

T-FaL「アプレシア コントロール ホワイト0.8L」
ティファールのアプレシア・コントロールプラス0.8L
操作は取説無しで直感的にできて超簡単です。
温度調節機能付きで40、60、70、80、85、90、95、100度の8段階で温度設定が可能。
80度のお湯で粉ミルクを溶かして、飲み頃の34~40度に冷やすスタンダードな作り方だとこのケトルがおすすめ。
電気ケトルですが、60分間なら保温もできます。
価格帯8,000~12,000円(公式オンラインショップ10,318円)
安全性水道水に含まれる残留塩素(カルキ)とトリハロメタンはほぼ除去することが可能。しかし有害物質の鉛、水銀、カドミウムまでは除去できないです。
作業性・事前に湯冷ましを作っておく必要があるので少し不便。
・本体重量は641gで、水300mlを沸かすと総重量917gになります。重くもなく軽くもなくといった感じ。
コスト1回分のミルクを沸かすのに0.77円なので、1日10回沸かしてもたった7.7円になります。すごく安い!
時間ミルクを作ってから冷やすまで全部で3分ぐらいで完了します。早いです!※冷蔵庫で冷やした湯冷ましで割る方法。
メンテナンス性形状的に清掃がしやすく、メンテナンス性は良い。
外観タッチパネル式で近代的。ただ家電ぽくて、インテリアとして見るとそこまでオシャレではないです。
商品購入前にamazonギフト券チャージをしておこう。たくさんのポイントが貰える!

 

 

siroca「温度調節電気ケトル ブラック 0.8L」
シロカの電気ケトル
操作は付属の取説で確認する必要がありますが、少し読めば分かる程度なので簡単。
温度調節は60~100度まで、1度単位で細かく設定が可能。
80度のお湯で粉ミルクを溶かして、飲み頃の34~40度に冷やすスタンダードな作り方だとこのケトルがおすすめ。
電気ケトルですが、60分間なら保温もできます。

 

価格帯7,950~8,980円(公式オンラインショップ8,980円)
安全性水道水に含まれる残留塩素(カルキ)とトリハロメタンはほぼ除去することが可能。しかし有害物質の鉛、水銀、カドミウムまでは除去できないです。
作業性・事前に湯冷ましを作っておく必要があるので少し不便。
・本体重量は622gで、水300mlを沸かすと総重量898gになります。そんなに軽くもなく普通ぐらいです。
・注ぎ口が細いので、哺乳瓶にお湯を注ぎ易い。
コスト1回分のミルクを沸かすのに0.35円なります。1日10回沸かしてもたった3.5円なのですごく安い!
時間ミルクを作ってから冷やすまで全部で3分ぐらいで完了します。早いです!※冷蔵庫で冷やした湯冷ましで割る方法。
メンテナンス性注ぎ口が細いので清掃にしくいです。細長いブラシが必要になります。
外観操作ボタンが本体に綺麗に埋め込まれていて、形状的にもおしゃれです。インテリアとしても飾れる感じになります。
商品購入前にamazonギフト券チャージをしておこう。たくさんのポイントが貰える!

 

BRUNO「ステンレスデイリーケトル1.0L」
BRUNOブルーノ電気ケトル
操作はスイッチのON・OFFだけなので迷うことはないです。
シンプルに100度に沸騰させる機能のみとなってます。
100度のお湯で粉ミルクを溶かして、そこに冷やした湯冷ましを混ぜる作り方だとこのケトルがおすすめ。
価格帯5,976~8,070円(公式オンラインショップ7,700円)
安全性水道水に含まれる残留塩素(カルキ)とトリハロメタンはほぼ除去することが可能。しかし有害物質の鉛、水銀、カドミウムまでは除去できないです。
作業性・事前に湯冷ましを作っておく必要があるので少し不便です。
・本体重量は575gで、水300mlを沸かすと総重量851gになります。普通ぐらいの重さ。
・注ぎ口が細いので、哺乳瓶にお湯を注ぎ易い。
コスト1回分のミルクを沸かすのに0.54円なります。1日10回沸かしてもたった5.4円なのですごく安い!
時間ミルクを作ってから冷やすまで全部で3分ぐらいで完了します。早いです!※冷蔵庫で冷やした湯冷ましで割る方法。
メンテナンス性注ぎ口が細いので清掃にしくいです。細長いブラシが必要になります。
外観断トツにおしゃれな外観になってます。インテリアとして飾るのに最高の逸品です。
商品購入前にamazonギフト券チャージをしておこう。たくさんのポイントが貰える!

 

購入先はamazonをおすすめしてます。それはamazonギフト券チャージをすることで多くのポイントをもらえるからです。

ギフト券を購入する形でamazonに一旦お金を入れるだけで、下記の利率でポイントがもらえます。

amazonチャージ還元率の表

下記からamazonギフト券チャージをすることができますので、電気ケトルを購入する前にやっておきましょう♪

 

あとamazonプライム会員になると、送料は完全無料になりますし、ポイントも割増しでもらえますのでならない理由はないです!例えばポイント100,000円だと2,500円分もらえる💰

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
こんなのやらないと絶対損やん💦

下記から登録☟
今なら \amazonプライム会員30日間無料体験/
amazonプライム会員登録バナー

まとめ:迷ったら温度調節機能付きティファールの電気ケトルにしよう

今回はミルク作りに使う電気ケトルを紹介してきました。

紹介した商品はどれも間違いないものばかりですが、どうしても迷った場合はT-FaL(ティファール)の電気ケトルにしておきましょう。

タッチパネル式で直感的に操作でき、メンテナンス性が非常に優れてます。ブランドも電気ケトルの中では実績があり、有名なので安心感があります。

 

少しでもみなさんの子育てのサポートになれれば幸いです。

それではまたお会いしましょう、では✋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA