ミルクポン

ミルクポンの成分は安全で優しい『次亜塩素酸水』と『次亜塩素酸ナトリウム』って知ってた?

記事のタイトルで、ミルクポンの成分の次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

 

ども窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

 

今回は哺乳瓶の消毒・除菌に使用する

  • ミルクポン液体タイプの『次亜塩素酸ナトリウム』
  • ミルクポン顆粒タイプの『次亜塩素酸水』

これらの成分について解説していきたいと思います。

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水はどう違うのか?

またこれらの成分は効果があって安全なのか?

こういったことに疑問をお持ちの方、ぜひ記事を読んで見て下さい。

 

【結論】ミルクポンの成分『次亜塩素酸ナトリウム & 次亜塩素酸水』は、十分な殺菌・除菌力があり、安全性も比較的高いです。

 

赤ちゃんが口にする哺乳瓶やおしゃぶりにミルクポンを使用するにあたって、不安に思われているママさん・パパさんが多いのではないでしょうか。

この記事では薬剤成分を実際に調査していきました。なのでいかにミルクポンが、安全で効果的であるか分かっていただけるかと思います。

 

記事の概要
  • 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い
  • ミルクポン液体の主成分『次亜塩素酸ナトリウム』について【phを実測してみた】
  • ミルクポンS顆粒で次亜塩素酸水はできるのか?【検証してみた】
  • まとめ

 

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いについて

塩素の元素記号と、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの文字が記載されている。

ミルクポンの成分は

  • 液体タイプは次亜塩素酸ナトリウム
  • 顆粒タイプ※1.は水に溶かした状態で次亜塩素酸水

となっております。

※1.固体の状態では、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで水に溶けると次亜塩素酸水になります。

 

まずこの次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の違いについて説明いたします。

次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンの比率がグラフ化されている。そのグラフにより殺菌・除菌力の強さが変化してくることを説明している。

上記表のように塩素成分は、次亜塩素酸(HClO)次亜塩素酸イオン(ClO‾)の2種類の有効塩素※2.が含まれてます。この含有率の違いにより、次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムになったりします。

※2.水溶液中に含まれる酸化作用(殺菌作用)のある塩素

 

殺菌・除菌力

殺菌・除菌力に関しましては、次亜塩素酸ナトリウムより次亜塩素酸水の方が強いです。

それは次亜塩素酸(HClO)の含有率が高くなればなるほど、強くなる傾向にあるからです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
次亜塩素酸水でもph5〜6.5の微酸性領域が最強です

 

とはいえ次亜塩素酸イオン(ClO‾)が多い次亜塩素酸ナトリウムも、殺菌・除菌力が十分にありますのでご安心を!

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
哺乳瓶の消毒で使用する、次亜塩素酸ナトリウム希釈液の領域はph8〜10ぐらい

 

安全性

それでは次にph5〜6.5微酸性次亜塩素酸水と、ph8〜10次亜塩素酸ナトリウム希釈液の安全性をみていきましょう。

ズバリ次亜塩素酸水の方が微酸性で、人肌に優しいです。液が肌に付着しても全く問題無し!

 

対して次亜塩素酸ナトリウムですが希釈液とは言え、肌の弱い方が触ると肌荒れの原因になる場合があります。

もし液が肌に付着した場合、流水でサッと洗い流すようにしましょう。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ちなみに筆者は肌がそんなに強くはないですが、次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水を触っても特に肌荒れしたことが無いです。なので比較的安全性は高いかと思います

ミルクポン液体の主成分『次亜塩素酸ナトリウム』について【phを実測してみた】

アルカリ性のph色

液体タイプの製品『ミルクポン消毒液』と『哺乳びん除菌料』の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムになります。

哺乳瓶の消毒・除菌をするのに、この液体を希釈したものを使います。

※ちなみにミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料ですが、中身成分は全く同じになります。今回はミルクポン消毒液を使って検証。

 

ということで実際にph値を測定することで、成分を確認してみましょう。

【調査内容】

ph測定器でミルクポン1w/v%の原液と、哺乳瓶の消毒で使用する125ppmの希釈液を測定してみる。※測定器は標準液で校正された、測定精度が高いものを利用。

ミルクポンの液体を、ph測定器を使って測定している。

 

【結果】

希釈液125ppmですがph9.3の弱アルカリ性になり、次亜塩素酸ナトリウム希釈液の領域に入ってきます。

ちなみに原液はph11.7で、次亜塩素酸イオン(ClO‾)だけの弱〜中アルカリ性になりました。

ミルトン液体の原液と、作った希釈液のph値を測定した結果。

【考察】

希釈液はph9.3になりましたが、十分殺菌力がありますし、弱アルカリ性で安全性も高いです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
なるほど!これなら安心して使えるね♪

 

☞【ミルクポンの安全性は大丈夫?】殺菌・除菌力は最強でも…赤ちゃんとママが心配(汗

ミルクポンS顆粒で次亜塩素酸水はできるのか?【検証してみた】

酸性のph色

ミルクポンS顆粒タイプの主成分は、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムになります。

でもこれはあくまで固体での状態になりますので、水に溶かすと次亜塩素酸水に変化します。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
メーカに問い合わせて確認したところ、間違いなく次亜塩素酸水になるとのことでした(*’▽’)

 

ここでホントに次亜塩素酸水になるのか?検証してみました。

【検証内容】

先程のミルクポン液体と同様に、ph測定器を使って調査をしていきます。

顆粒1包で2L(240ppm)〜4L(150ppm)作れると記載がありますので、両方作って測定してみます。

 

【結果】

2Lと4Lともにph7.0で、液体濃度にあまり差がなく同じ結果になっちゃいました。

ミルクポン顆粒タイプで作った、次亜塩素酸水のph測定結果。

【考察】

やや中性よりのph7.0になりましたが、測定器の誤差と測定ポイントによるバラツキを考慮すると、ほぼ次亜塩素酸水と言ってもいいでしょう。

これは上記表から分かるように次亜塩素酸(HClO)が多く含まれているph値なので、先程の次亜塩素酸ナトリウムより殺菌・除菌力は強いです。

安全性においても、微酸性〜中性の領域なので超安全!

 

まとめ:次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムで安全に殺菌・除菌をしよう!

女性が哺乳瓶を消毒液につけている。

それではまとめていきましょう。

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの比較

殺菌・除菌力と安全性ともに次亜塩素酸水の方が優れています

それは次亜塩素酸(HClO)が多く含まれているからです。

殺菌・除菌力はph5〜6.5の微酸性次亜塩素酸領域が最強で、さらに人の肌が弱酸性でそれに近い成分となりますので超安全です。

とはいえ次亜塩素酸イオン(ClO‾)を多く含んでいる次亜塩素酸ナトリウムも、十分殺菌・除菌力があります。

 

ミルクポン液体と顆粒タイプの特性について

ph測定器で実測してみますと、ミルクポンの液体タイプはph9.3、対して顆粒タイプはph7.0になりました。

ミルクポンの液体タイプはメーカーの公言通り、ph8〜10の次亜塩素酸ナトリウム希釈液の範囲に入ってます。

対して顆粒タイプはメーカーいわく、ph〜6.5次亜塩素酸水とのことですが・・実際は中性よりの液体になってます。まあぶっちゃけこれぐらいのズレは許容範囲ということで、問題無く使用できるかと思います。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
結局何が言いたいのかといいますと、ミルクポン液体 or 顆粒タイプでもしっかり殺菌・除菌力があり、安全に使用できるということですね♪

 

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

それでは今回はこの辺にしたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

本記事の内容が頭に残っているうちに、絶対コレを読んで下さい☟

【ピジョンのミルクポン成分&効果】哺乳瓶の消毒になぜ必要なのかコレで納得!

さらにミルクポンの成分と効果についての理解が深まります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA