ミルクポン

【同じじゃないの?】ピジョンのミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料の違いについて

表紙のタイトルで『ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料の違い』について書かれている
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ピジョンから『ミルクポン消毒液』と『哺乳びん除菌料』2種類の液体タイプが売られているけど何が違うの??

この記事ではこういった疑問にお答えしていきます。

 

ども、窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

哺乳瓶の消毒・除菌に使用するミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料、同じ液体タイプで何が違うの?ですが・・

 

結論からいいますと中身の成分は全く同じものですが、第2医薬品と雑貨で使用用途が異なります。

 

筆者はパッケージが似ていてるので最初同一の製品だと勘違い(恥)。よくよく見ると全然違うやん!ってことで比較調査していきました。

 

記事内容
  • ミルクポン製品の種類
  • ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料の違い
  • まとめ

この記事を読めば、ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料の違いがバッチリ分かりますよ(^^♪

 

それでは早速本文にいきましょう

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

ミルクポン製品の種類について

ミルクポンの色んな種類の製品が並んでいる

まずミルクポンは顆粒と液体タイプに大きく分かれてまして、全部で4種類の製品があります。

製品種類
液体タイプミルクポン消毒液1050ml
哺乳びん除菌料1050ml
顆粒タイプミルクポンS20本入
ミルクポンS60本入

 

今回はこの液体タイプのミルクポン消毒液1050mlと、哺乳びん除菌料1050mlにフォーカスしていきます。

 

ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料の違い

differentの文字が書かれている

『ミルクポン消毒液』と『哺乳びん除菌料』の違いはいったい何なの?ですが・・

  • 使用方法・入手先
  • 成分と効果
  • 安全性
  • 価格面

上記4つの視点から順番にみていきましょう。

 

使用方法・入手先

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
2製品で唯一違ってくるポイントが、この使用方法と製品の入手先になります

 

まず使用方法になりますがミルクポン消毒液は第2医薬品になり、自由な濃度で希釈液を作ることができます

対して哺乳びん除菌料は雑貨に分類され、80倍の濃度125ppmでしか希釈液を作ることができないです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
哺乳瓶などベビー用品の除菌にしか使用しないなら、哺乳びん除菌料でいいよね♪

 

次に入手先ですがミルクポン消毒液は、医薬品なのでドラッグストアか薬局にしか売っていないです。

対して哺乳びん除菌料は雑貨なので、西松屋などベビー用品店など購入できる範囲が広いです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ベビー用品店によく行くので、ついでに買える哺乳びん除菌料は便利♪

 

医薬品と雑貨品の違いについてはコチラ☟

医薬品と雑貨品は何が違うの??

 

成分と効果

ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料ともに、主成分は濃度1w/v%の次亜塩素酸ナトリウムで全く同じになります。※濃度が1w/v%は100mlに1gの次亜塩素酸ナトリウムが溶けているということ

効果も当然同じで、熱消毒では倒せない菌に有効になってきます。

 

哺乳瓶の消毒・除菌に使用する、80倍(125ppm)の希釈液で実験した結果になります。

30分以内で菌が死滅してます。

ミルクポン液体での殺菌・除菌効果

ミルクポンの成分と効果について詳細はコチラ☟

【ピジョンのミルクポン成分&効果】哺乳瓶の消毒になぜ必要なのかコレで納得!

 

安全性

ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料は、ともに次亜塩素酸ナトリウムで塩素成分にはなりますが、1w/v%と低濃度なので安全性は高いです。

哺乳瓶の消毒・除菌に使用するなら、さらにその1w/v%を80倍に薄める形となります。

 

よくキッチンハイターをイメージして『塩素は危険だ!』という人がいますが、濃度ppmが全然違ってきます。

ハイターの濃度は5〜6w/v%ありますので、ミルクポンと比較してもかなり原液濃度ppmが高いです💦

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
なるほど同じ塩素が入っている製品といっても、濃度によって危険度合いが違うのね

 

まだミルクポンの安全性について不安😅が残る方はコチラ☟

【ミルクポンの安全性は大丈夫?】殺菌・除菌力は最強でも…赤ちゃんとママが心配(汗

 

価格面

ミルクポン消毒液と哺乳びん除菌料ですが使用料はほぼ同じです。

今回の調査では哺乳びん除菌料の方がわずかに安かったのですが、販売店によっては逆転しているところもあります。

■製品 × pigeon公式サイト税込価格 × 掛かる費用一覧表

【価格】【1日使用料】【1ヵ月使用料】
【ミルクポン消毒液1050ml】898円 ※1.43円/日1290円/月
【哺乳びん除菌料1050ml】880円42円/日1260円/月

※1.ミルクポン消毒液は公式サイトでは取り扱いがない為、価格.comの平均販売価格を記載。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)

 

ミルクポンの使用料についてもっと詳しく知りたい方はコチラ☟

ミルクポンの価格について知りたい!値段が安くて・安心して買える店はどこなの?

 

まとめ:哺乳瓶の消毒・除菌に使うならどっちでもOK

OKと木の葉で書かれている

今回は『第2医薬品ミルクポン消毒液』と『雑貨品哺乳びん除菌料』の違いについて解説してきました。

一番重要な中身の成分については全く同じで、違いは使用濃度と購入先の2点になります。

分類使用濃度購入先
ミルクポン消毒液第2医薬品〜10000ppmまで自由な濃度薬局・ドラッグストア
哺乳びん除菌料雑貨80倍の125ppm一択 ※1.どこでも購入可

※1.125ppmは哺乳瓶などベビー用品を除菌する濃度

ミルクポン消毒液は自由に濃度(ppm)が変えられる、哺乳びん除菌料はどこでも購入することができるのがそれぞれのメリットになります。

 

まーここは難しく考えなくても、哺乳瓶などベビー用品の消毒・除菌に使用するならどっちを使ってもOKってことですね。価格もほぼ同じだし💰

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
購入する人の大半はベビー用品に使用されるかと思います。なのでそこまで気にすることはないかと♪

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

というワケで『ミルクポン消毒液』と『哺乳びん除菌料』の違いについて解説してきました。この情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。

それではまたお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA