ベビー用品

【哺乳瓶の消毒・除菌に】ミルトン・ミルクポン・チュチュつけるだけ♪製品一挙紹介

記事の表紙タイトルで、哺乳瓶の消毒・除菌製品各メーカー全種について

\哺乳瓶の消毒・除菌に使用する製品をお探しの方/

この記事では有名どころの、ミルトン・ミルクポン・チュチュつけるだけの全製品について紹介していきます。

製品の特徴や使い分けを知りたい方は、是非お立ち寄りくださいませ<(_ _)>

 

 

ども社畜リーマン & 絶賛子育て中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回は哺乳瓶の消毒・除菌に使用する、有名どころの製品全てを紹介していきます。

 

結論からいいますと基本的に各メーカーの製品ですが、液体と錠剤(顆粒)に分かれています。

希釈濃度を変える場合は、液体の消毒液しか使用できない。※除菌料は使用不可

コストと使い勝手を考えると、錠剤(顆粒)の方がメリットがある。※一部を除く

 

やはり1メーカーの1製品をみるだけでなく、選択肢を実績・信頼のある有名メーカーの全製品にフォーカスした方が、読者様にピッタリのものがみつかりますよ♪

各製品の使い勝手や用途、掛かるコストをみて、ライフスタイルや予算に合ったものを選んでいきましょう。

 

記事の概要
  • 『ミルトン』液体から錠剤の全製品紹介
  • 『ミルクポン』液体から顆粒の全製品紹介
  • 『チュチュつけるだけ』液体からタブレットの全製品紹介
  • まとめ

この記事を読めば、購入後に『あーしまったこんな製品もあったのか?』と後悔することは絶対ありませんよ(^^)/

 

それでは本文にいきましょう

『ミルトン』液体から錠剤までどんな製品があるのか?

ミルトン製品と赤ちゃん

まずは杏林製薬が製造・販売しているミルトン製品になります。

  • 液体製品が3種、錠剤製品が2種の計5種類
  • 哺乳瓶やおもちゃ等の除菌に使用するならミルトンCP錠剤
  • 上記に加え、床や手指の消毒にも使用するならミルトン消毒液

哺乳瓶やおもちゃ等、一定の80倍希釈濃度で使うなら使い勝手が良く、コストの安い錠剤タイプをおすすめします。入数は60錠が

80倍だけでなく、床(10倍)、手指(20倍)と希釈濃度を変えて使用する場合は液体タイプが必須です。容量は3000mlが

 

下記一覧表に1本 or1箱で何日分、円/日、濃度調整(可・不可)、使い勝手(良い・悪い)をまとめてみました。

何日分? 円/日 濃度調整 使い勝手
ミルトン消毒液450ml 9日 110円 悪い
ミルトン消毒液1000ml 20日 75円 悪い
ミルトン消毒液3000ml 60日 65円 悪い
ミルトンCP 36錠 18日 67円 不可 良い
ミルトンCP 60錠 30日 63円 不可 良い

※表の数値は4000mlの消毒・除菌液を作った場合

 

ミルトンの製品についてもっと詳細が知りたい方は是非☟

記事の表紙タイトルでミルトン全種類をまるごと紹介
【ミルトン全種が知りたい!】Milton CP錠剤から液体までまるまる紹介♪哺乳瓶の消毒に使用するミルトンの製品はどんなものがあるか?用途によってどう使い分けるのか?記事で紹介していきます。製品の種類で悩んでいる方は必見ですよ♪...

 

 

『ミルクポン』液体から顆粒(粉末)までどんな製品があるのか?

ミルクポン製品と、お母さんに抱っこされている赤ちゃん。

ミルクポンは丸石製薬が製造・販売している製品になります。

パッケージがピジョンとなっているのは、発売元がピジョンで商品のライセンスを持っているからです。

  • 液体製品が2種、顆粒(粉末)製品が2種の計4種類
  • 希釈濃度を色々変えて使用したいならミルクポン消毒液
  • 哺乳瓶の除菌だけで使用するならミルクポンS 顆粒

排泄物1〜10倍、医療器具20〜50倍のように、希釈濃度を変える場合はミルクポン消毒液を使って下さい。

80倍希釈濃度で哺乳瓶や食器だけに使うなら、顆粒のミルクポンSが使い勝手が良い上、コストが安いです。入数は60本が

 

下記一覧表に各製品の仕様をまとめてみました。

何日分? 円/日 濃度調整 使い勝手
ミルクポン消毒液1050ml 23日 34円 悪い
哺乳びん除菌料1050ml 23日 36円 不可 悪い
ミルクポンS 20本入 20日 32円 不可 良い
ミルクポンS 60本入 60日 29円 不可 良い

※表の数値は液体なら3600ml、顆粒なら2000〜4000mlの消毒・除菌液を作った場合。

 

ミルクポンの製品についてもっと詳細が知りたい方はクリック☟

記事のタイトルが書かれている表紙。消毒液のミルクポン全種について、紹介していくと書かれている。
【ミルクポン全種&使い分けが知りたい方必見!】哺乳瓶の消毒に使う液体から顆粒まで紹介♪ミルクポンの製品はどんなものがあるか?用途によってどう使い分けるのか?こういったことでモヤっとしてる方は必見ですよ。 この記事では製品の全種類について紹介していきます。...

 

 

『チュチュつけるだけ』液体からタブレットまでどんな製品があるのか?

チュチュつけるだけ製品と、お赤さんと遊んでいる赤ちゃん。

最後にチュチュつけるだけの製品になります。製造・販売メーカーはジェクス(株)になります。

  • 液体製品が3種、タブレット製品が2種で合計5種類
  • 製品全て一定の希釈濃度でしか使用できない
  • コストは液体タイプの方が安い
  • 使い勝手はタブレットタイプの方が良い

まず液体とタブレット全ての製品で共通しているのは、一定の希釈濃度でしか使用できないということです。哺乳瓶等の除菌にしか使えないってことですね..

コストは液体(つけるだけ濃縮タイプ400ml)が36円/日で一番安いです。

でも使い勝手で選ぶなら、規定量の水に入れるだけのタブレット72錠入がおすすめです。液体みたいに計量時にこぼれるストレスも無し!

 

下記一覧表に分かり易くまとめてみました。

何日分? 円/日 濃度調整 使い勝手
つけるだけ濃縮400ml 23日 36円 不可 悪い
つけるだけ
1100ml
22日 55円 不可 悪い
つけるだけ
4000ml
80日 38円 不可 悪い
つけるだけ
24錠入
12日 72円 不可 良い
つけるだけ
72錠入
36日 50円 不可 良い

※表の数値は4000mlの除菌液を作った場合

 

チュチュつけるだけの製品についてもっと詳しく知りたい方☟

記事の表紙でタイトル『チュチュつけるだけ製品全種』と書かれている
【チュチュつけるだけってどんな製品があるの?】タブレットから液体まで全種紹介!チュチュつけるだけの製品はどんなものがあるか?タブレットや液体の使い勝手、コスト面の話を交えながら製品全種について紹介していきます。...

 

 

まとめ:使い勝手・用途・コストから哺乳瓶の消毒液を選ぼう

赤ちゃんとクマのぬいぐるみ

それでは最後にまとめていきましょう。

今回は哺乳瓶の消毒・除菌に使用する、有名どころの製品全てを紹介してきました。

それでは各メーカーごとに整理していきます。

 

ミルトン製品
  • 液体2種、顆粒製品が2種の計4種類
  • 一定の希釈濃度で哺乳瓶やおもちゃ等の除菌ならミルトンCP錠剤
  • 希釈濃度を変えて床や手指の消毒ならミルトン消毒液

 

ミルクポン製品
  • 液体3種、錠剤製品が2種の計5種類
  • 希釈濃度を変えて医療器具等の消毒ならミルクポン消毒液
  • 一定希釈濃度で哺乳瓶等の除菌ならミルクポンS 顆粒

 

チュチュつけるだけ製品
  • 液体3種、タブレット製品が2種の計5種類
  • 製品全て一定の希釈濃度でしか使用できない
  • コストは液体タイプの方が安い
  • 使い勝手はタブレットタイプが良い

 

基本的にどのメーカーも、液体と錠剤(顆粒)タイプに大きく分かれています。

用途によっては液体の消毒液しか使えないものあります。でもコストや使い勝手のバランスを考えると、錠剤(顆粒)タイプの方を選びたいところです。

じっくり検討して読者様に合ったものを選びましょう。この記事で少しでもお手伝いできれば幸いです(^_-)-☆

 

それでは長くなりましたのでそろそろこの辺で..最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

☟温かい真心の1票を(*‘ω‘ *)

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA