哺乳瓶消毒

哺乳瓶の消毒をつい忘れた!してないと赤ちゃんに影響があるのか教えて

記事のタイトル表紙で『哺乳瓶の消毒を忘れてしまった』

こんにちは、窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回は哺乳瓶の消毒をついうっかり忘れてしまった場合、どうしたらいいのか?について徹底解説していきます。

 

結論からいいますと赤ちゃんが体調を崩さないか、しばらく注意をして様子を見てあげる必要があります。

そして少しでも異変があるようなら即病院!

 

育児で忙しくバタバタしている時、特にこの哺乳瓶の消毒は忘れがちになることが多いです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
洗ったけど・・消毒液に浸けたかどうか忘れてしまった💦っていうケースもあるある

やってしまったことは仕方がないので、落ち着いて対処し、そのあと同じことを繰り返さないようにする必要があります。

筆者がリアルに子育てで積み重ねてきた経験(失敗)を元に、執筆してますのでかなり参考になるかと(^^♪

では記事の内容としてまして

  • 哺乳瓶をなぜ消毒しないとダメなのか?
  • 消毒していない哺乳瓶を使った場合の対処方法
  • 消毒を忘れないようにするには?
  • まとめ

こういった流れ進めていきたいと思います。

 

早速本文を解説していきましょう。

哺乳瓶の消毒をしないと何がいけないのか?

哺乳瓶を消毒している

まず哺乳瓶の消毒をしないと何がいけないのか?

それはわずかに洗い残されたミルクのかす(汚れ)に、食中毒や感染症を引き起こす原因となる菌が湧きやすいからです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
菌たちはタンパク質が大好きで、こういった箇所から爆発的に増殖。当然菌の数が増えると食中毒や感染症のリスクが高まります

 

実際に哺乳瓶を洗浄してみて、どれぐらいの汚れが残ってしまうのか実験。

開発されたばかりのWARP SEARCH LIGHTを使って、目に見えにくい脂質やたんぱく質の汚れを浮き上がらせてみました。

哺乳瓶の汚れを照らす特殊なライト

まずは普段食器を洗う用のスポンジを使用して、哺乳瓶の底や乳首をざっと洗浄。

ブラシが届きにくい本体底の部分や乳首の部分に、脂質やたんぱく質の汚れが残っているのが分かります。

食器洗い用スポンジを使って、哺乳瓶本体を雑に洗浄している 食器洗い用スポンジを使って、哺乳瓶乳首の部分を雑に洗浄している
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
洗ったつもりでも、意外とミルクのかすが残っているのが分かります💦

 

今度は哺乳瓶の本体と乳首を洗う専用のブラシを使って、丁寧に洗浄していきます。

哺乳瓶の本体を洗う専用ブラシで洗浄する 哺乳瓶の乳首を洗う専用のブラシで洗浄する
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
哺乳瓶専用ブラシで丁寧に洗えば、ミルクのカスは綺麗に落ちますね

 

ただいくら専用ブラシを使っても、忙しい時は洗浄が雑になりがち。こういった場合汚れが残ってしまいます

なので汚れに湧く菌を倒すためには、消毒は絶対した方がいいです!

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
毎回完璧に洗える人はなかなかいないと思いますので・・保険として消毒はしっかりしておきましょう

 

消毒を忘れた哺乳瓶を使ってしまった・・どうしたらいいの?

頭を手で押さえている女性

消毒を忘れた哺乳瓶で、赤ちゃんにミルクを飲ませてしまった場合どうしたらいいのか?についてですが

結論からいいますと、赤ちゃんがその後体調を崩さないか注意深くみてあげましょう

そして何か異変があるようなら、すぐ病院に連れて行った方がいいです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
どうしても心配なら、一度病院に電話をして事前に状況を伝えておくのもありですね。安心材料になります

 

ちなみに筆者の家庭も哺乳瓶の消毒忘れではないですが、半日以上放置したミルクを誤って赤ちゃんに飲ませてしまったことがありました。

あと調理用に置いてあった生肉を赤ちゃんが勝手に触り、その指を舐めてしまったことも・・これには気が動転💦

流石に焦って病院に連絡しましたが、兆候がみられないと対処のしようがないので様子を見て下さいとのことでした。特にその後何も体調を崩すことなく赤ちゃんは元気だったのでよかったですが。

 

話が脱線しましたが前章の実験でもあった通り、ミルクの汚れが哺乳瓶に残ってしまうことは可能性として大いにありうることです。

そこに菌が湧くことにより、食中毒や感染症になる可能性は少なからずありますので注意しましょう(゚д゚)!

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
哺乳瓶の消毒は忘れずに必ずやる!

 

哺乳瓶の消毒を忘れないようにするには・・

忘れるなと書かれたメモ用紙が、貼られている

哺乳瓶の消毒を忘れないようにするにはどうしたらいいのか、筆者おすすめの薬剤消毒のパターンで説明していきます。

まず哺乳瓶は余裕をもって4~5本は必要になってきます。

使用した哺乳瓶は、すぐに消毒容器の上に置くようにします。こうしてたまった哺乳瓶をまとめて洗浄 ➔ 消毒する流れだと忘れることはないです。

消毒容器の上に、使用した哺乳瓶を置いている

夕方まとめて消毒 ➔ 夜中使用 ➔ 朝方まとめて消毒 ➔ 昼間使用

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
煮沸・レンジ消毒でも同じことが言えますが、使用済みの哺乳瓶は決まった場所に置いておきましょう

そしてへたに洗浄だけ済ませて置いておくと、消毒しているのか? していないのか?分からなくなりますので、洗浄 ➔ 消毒と一気にやってしまうのがポイントヽ(^o^)丿

 

まとめ:哺乳瓶の消毒をすることで赤ちゃんの健康を守ろう!

手の中にハートがある

哺乳瓶の消毒を忘れた場合の対応について解説してきました。

もし忘れた場合は、赤ちゃんが体調を崩さないかどうか?いつも以上に注意深くみてあげましょう。

もし体調に異変がある場合は、すぐに病院に行った方がいいです。

 

使用後の哺乳瓶はしっかり専用ブラシを使って洗浄しないと、底や乳首のポイントにミルクのカスが残りやすく、そこから雑菌が湧いてしまいます。

特殊なライト(WARP SEARCH LIGHT)で観察すると、目で見えづらいタンパク質や脂質の汚れが意外と残っています。

もちろんしっかり洗浄をすべきなのですが・・何百回もやっているとこういった洗い残しが出てくるのは必然なので、消毒は忘れずに毎回やるべきですね。

 

試してきて最強だとおもう消毒剤と、めちゃくちゃ汚れを落ちる専用ブラシを紹介してますので参考にして下さい☟

有名メーカー全商品を徹底調査し、コスパ最強の商品ばかりを選びました。ご参考まで

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤になります。参考まで/
哺乳瓶消毒剤おすすめの№1はコレ。

商品がすぐに売り切れ入荷待ちになりますので、お金に余裕がある方はご遠慮していただけますと助かります<(_ _)>

 

専用ブラシはコレが鉄板かと・・ 筆者が色々試してきてここに辿り着いた逸品ばかり

\絶対失敗しない!哺乳瓶消毒に使うおすすめ用具6選/

記事のタイトルで『哺乳瓶の消毒で使うおすすめ用具』
【絶対失敗しない!】哺乳瓶の消毒に使うおすすめ用具(容器、トング、ブラシetc)記事で紹介する哺乳瓶の消毒で使う用具は、実際筆者が1つ1つ試しながら厳選したものになります。これらを買えば絶対失敗することはありませんよ!...

筆者が実際に1年半使用していた商品で、間違いないものばかり。

 

それでは最後までお読み下さりありがとうございました<(_ _)> この記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA