哺乳瓶消毒用具

【これが最強!】哺乳瓶の洗浄にはピジョンのスポンジブラシとこの収納アイテムを選べ♪

記事の表紙タイトルで『ブラシはPIGEONで収納はYAMAZAKI』と書かれている。

ども、子育て奮闘中のパパ チャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回は哺乳瓶を洗浄する際に使用するブラシと、それを収納する為のアイテムを紹介していきます。

  • 哺乳瓶の汚れがしっかり落とせるブラシがいい
  • 長持ちするブラシがいい
  • ブラシをすっきり収納させたい

などなどこういった要望にお応えしていきますよ(‘ω’)ノ

 

では早速どんなものがいいのか?

ブラシはピジョンのスポンジタイプで、収納はYAMAZAKI(山崎実業)の製品をおすすめいたします。

 

記事でお伝えしたい内容
  • 哺乳瓶を洗うブラシは必要?
  • 洗う哺乳瓶によって使うブラシ素材は変えるの?
  • 哺乳瓶洗浄にはピジョンのスポンジがおすすめなワケ
  • ピジョンのスポンジはどれぐらい持つの?
  • ブラシを収納するオシャレアイテム
  • まとめ

子育てで忙しいなか哺乳瓶をピカピカに磨くのは大変。またブラシ収納に関しては、ただでさえ台所がベビー用品だらけで置くところが無い・・

この記事を読めばこういったことが簡単に解決しますよ(*’ω’*)

 

 

それでは本文にいってみましょう

哺乳瓶を洗うスポンジ等のブラシは必要か?使わないでも洗える?

2種類のピジョンのスポンジブラシが置いてある。

哺乳瓶本体のボトルと乳首の部分を洗う専用のブラシが絶対必要になってきます。

哺乳瓶の部品を説明している。

しかも本体と乳首では形状が全然違うので..2種類の専用ブラシがないとダメです。

 

通常の食器洗いのスポンジで洗おうとすると、ボトル本体底や乳首の先端部の汚れまで落とせません。結果雑菌がわくことに・・

食器用のスポンジで哺乳瓶を洗っている

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
そんな高いものでもありませんので専用ブラシは買っちゃいましょう

 

 

ガラスやプラスチック哺乳瓶によってブラシ素材を変える必要があるの?

ガラス哺乳瓶とプラスチック哺乳瓶が置いてある。

結論からいってしまうとスポンジブラシ1つで、ガラスとプラスチック哺乳瓶の両方に対応できます

それはミルク成分ぐらいなら、スポンジブラシで十分に落とすことができるからです。

 

参考までにいいますと

メーカーが推奨しているのは、ガラス哺乳瓶には毛先の硬いナイロンブラシになります。

ガラスだと傷がつく心配がないので、できるだけ硬いブラシで汚れをしっかり落とそうという感じですね。

毛先が硬いナイロンブラシが置いてある

 

対してプラスチック哺乳瓶にはスポンジブラシを押しています。

柔らかいプラスチックだと傷が付きやすいので、スポンジブラシってことですね。

毛先が超柔らかいスポンジブラシが置いてある

 

でも『スポンジブラシでは汚れが落ちるのか?不安』という人には、ゴムブラシの使用を推奨してます。

硬さがナイロンとスポンジブラシの中間ぐらいの、シリコーンブラシが置いてある

 

まとめるとこんな感じですね☟

哺乳瓶とブラシの材質硬度の関係性を説明している
参考データ元 :硬さに迫るプラスチック物性値一覧表

プラスチック(PP素材)哺乳瓶より、ナイロンブラシの方が若干硬いので注意が必要です。

使うと当然哺乳瓶が傷だらけになりまっせ💦

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ここまで説明してなんですが・・冒頭でも言った通りスポンジブラシですべて対応できます♪なのでブラシ材質で悩まないようにして下さいね

 

 

それでは次章でスポンジブラシは何を選んだらいいのか?説明していきましょう。

ピジョンの哺乳瓶洗浄用スポンジがおすすめ

2種類のおすすめのピジョンスポンジブラシが置いてある。

スポンジブラシは何を選んだらいいのか??それは迷わずピジョンの商品になります。

商品ですが哺乳瓶の本体と乳首を洗うブラシで下記のように違ってきます。

哺乳瓶の本体ピジョンスポンジブラシ

乳首の部分ピジョン母乳実感乳首ブラシ

それぞれの商品のメリット・デメリットを説明していきます。

 

~メリット~ ピジョンのスポンジブラシ

まずはメインの本体部分を洗うスポンジブラシになります。

メリットは下記3点になります。

  1. 回転 & ストレート洗いによりしっかり汚れが落とせる
  2. 厚みがある & 折り返し形状によりブラシがへたりにくく長持ち
  3. 使い勝手◎ 先端がお山形状なので哺乳瓶にストレスなく入る
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
それではもっとイメージがつきやすいように、図解入りで説明していきましょう

 

回転 & ストレート洗いによりしっかり汚れが落とせる

先端部が回転することで、しっかり汚れを除去することができます。特に汚れが溜まりやすい哺乳瓶底に有効です。

ピジョンのブラシは回転させて洗う事が出来て、しっかり汚れを落とすことができることを説明している。

 

さらにブラシは回転するだけでなく、上下方向にも動作できますので広範囲で洗うことができます。オレンジの矢印部を押さえ回転しないように動かします。

ピジョンのスポンジブラシは、回転方向だけでなく、上下方向にも動作させて洗えることを説明している

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
上下回転方向に動くスポンジブラシは中々ありませんので、これはピジョンの売りとなってます

 

 

厚みがある & 折り返し形状によりブラシが長持ち

スポンジに厚みがあり、折り返し形状になってますのでへたりにくくブラシが長持ちします。

通常よくあるスポンジブラシは、厚みが薄く折り返し形状になっていないのですぐにボロボロになります。

ピジョンのスポンジブラシは痛みにくい構造になっていると説明している

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
以前は100均ブラシを使っていましたが、すぐにスポンジが痛みましたのでこのピジョンの商品に替えました

 

 

使い勝手◎ 先端がお山形状なので哺乳瓶に入りやすい

使い勝手、実はこれ一番重要かもしれません。

ブラシの先端がお山形状なので、哺乳瓶の入り口に引っ掛かることなくスムーズに入れることができます。

ピジョンのスポンジブラシは、先端部がお山形状で、狭い哺乳瓶の入口でも入りやすいことを説明している

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
よくあるスポンジブラシだと先端がフラットなので、一番狭いボトル入口に中々入らずストレスを感じます

 

~デメリット~ ピジョンのスポンジブラシ

製品的には特に悪いところはありません

あげるなら価格が500円ぐらいしますので、他の100均等と比べて少し高いかなと思うぐらいです。

でもブラシが傷みにくく、長持ちしますので逆に安く済むのではないかと思います。

 

~メリット~ ピジョンの母乳実感 乳首ブラシ

次に乳首を洗うブラシになります。メリットは下記2点で

  • 乳首の形状にフィットするので内側までしっかり洗える
  • スポンジは硬めでしっかりしているのでへたりにくい

 

ちなみにピジョンの乳首だけでなく、例えば他メーカー(例:NUK)の乳首でもフィットしますのでしっかり洗えます。

乳首専用のスポンジブラシで、色々なメーカーの乳首が洗えるか検証している。

 

ただ一点注意していただきたいことがあります。

下記はピジョンのスリムタイプの乳首になりますがこれには使用できないです。残念ながらブラシが太めなので乳首先端まで届きません。『乳首ブラシ スリムタイプ・Kタイプ用』を買いましょう。

スリムタイプの乳首には、スリムタイプのブラシを使用する必要があると説明している

 

あまりスリムタイプのブラシは使用することはないかもしれませんが・・一応ピジョンには2種類の乳首用ブラシがあることを覚えておいて下さい。

2種類のピジョンの乳首ブラシが置いてある

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ちなみに筆者はスリムタイプを使ったことはありません💦すべて母乳実感乳首ブラシで対応できてます

 

~デメリット~ ピジョンの母乳実感 乳首ブラシ

先程のピジョンのスポンジブラシと同じで、唯一あげるなら価格面ですね。

300円ぐらいしますので、100均のものと比べれば割高💰

ただ長持ちしますのでコスパは最高\(^o^)/

 

 

ピジョンの哺乳瓶用スポンジの替え時はいつ?

時計とカレンダーが置いてある

ここまでピジョンの哺乳瓶洗浄用ブラシは、長持ちするとお伝えしてきました。

ではいったいどれだけ持つの?という質問に対してはズバリ1年以上です。もちろん本体と乳首用のブラシ両方になります。

 

その根拠ですが筆者が使用している期間になります。ただ現在進行形で使っていますのでまだ記録は伸び続けるかと思います(笑

ブラシは毎日使用していても下記写真のようにボロボロになることがなく、かなり耐久性があることが分かっていただけるかと\(^o^)/

1年間使用した2種類の乳首専用ブラシが置いてある

 

よく衛生面を理由に、1ヵ月に1回とか頻繁に交換している方がいますがハッキリいって勿体ない!

だって哺乳瓶はブラシで磨いた後まず水で洗い流し、さらに消毒液に1時間以上浸けるのでバッチリ殺菌できるからです。

ブラシ自体もミルク成分をこするだけなのでそこまで汚れたりしません。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
1回買ったらずっと使えるのでコスパが最高にイイ♪

 

哺乳瓶洗浄後のスポンジブラシの収納(置き場)について

キッチンのシンク周辺

ブラシだけでなく、使用したブラシを保管しておく収納場所(置き場)が必要です。

収納アイテムを選ぶべきポイントとして下記は絶対押さえておいた方がいいです。

  • 邪魔にならない壁掛けタイプ
  • シンクにしたたる水が落とせる
  • 洗い場から手が届く範囲で設置可能
  • おしゃれにスッキリみえる

 

おすすめはyamazaki(山崎実業)の製品になります。洗練されたオシャレで便利なアイテムが盛り沢山。

 

その中でも『yamazaki キッチン収納 ゴム手袋収納ラック タワー』をおすすめいたします。

吸盤4つにより壁にくっつけることができますので邪魔にならないです。シンク横の壁にくっつけておけば、ブラシから落ちる水滴処理もバッチリ。

Yamazakiのゴム手袋収納ラックを代用して、哺乳瓶洗浄用のブラシを掛けている

大きさもコンパクト(幅11.5㎝×奥行8.5㎝×高さ23㎝)で水回りがスッキリしますよ。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ゴム手袋用でも全然問題なく使えるね♪

 

このようなyamazakiスタンドタイプのブラシ置きもありますが、場所を取りますし水垢で汚くなります。

スタンドタイプのブラシ置き

 

まとめ:ピジョンのスポンジブラシとシンプルテイストの収納アイテムで決まり

電球が光っている

今回は哺乳瓶を洗うブラシと、それを収納するアイテムは何を買うのがベストか?色々説明してきました。

哺乳瓶を洗うブラシは一押しのコレ

  • ボトル本体:ピジョンのスポンジブラシ
  • 乳首:ピジョンの母乳実感ブラシ※1.

※1.スリムタイプの乳首には『乳首ブラシ スリムタイプ・Kタイプ用』

ガラスとプラスチック哺乳瓶の両方に対応できます。

しっかり汚れを落とせて、スポンジが痛みにくく長持ち。

 

収納アイテムは一押しのコレ

yamazakiのキッチン収納 ゴム手袋収納ラック タワー

壁の好きなところにくっつけることが出来て邪魔にならない。さらに外観もコンパクトでキッチン周りがスッキリします。

 

実際1年間筆者が使用した上で、商品をおすすめしていますので信頼性が高いと思います。

ただ気になる点としてはブラシ、収納アイテムもそうですが、100均などの激安グッズと比較すると値段は少し割高となってます。そこはご了承下さい(‘◇’)ゞ

この記事が皆様のお役にたてれば幸いです!

 

それでは大分長くなってきましたのでこの辺で、最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA