哺乳瓶消毒

【出先での外泊時に便利!】旅行先で超簡単に哺乳瓶を消毒する方法♪

記事の表紙タイトルで『旅行先で簡単にできる哺乳瓶の消毒方法は?』

どもこんにちは、窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回は旅行先で簡単にやれる、哺乳瓶の消毒方法について紹介していきます。

  • 荷物になるので消毒用具は最小限にしたいけど・・どんな物をもって行けばいい?
  • 旅行先で簡単にできる消毒方法が知りたい

こういった方におすすめの内容になってます(^^♪

これだけあれば外泊先で簡単に哺乳瓶が消毒可能!

  1. チャック付きポリ袋
  2. ブラシ
  3. 洗剤
  4. 固体タイプの消毒剤
  5. 500ml空ペットボトル

※500ml空ペットボトルは現地調達でOK

 

特に公共交通機関を利用して、旅行に行かれる方はできるだけ荷物を減らしたいところです。

あと折角の旅行なので、哺乳瓶の消毒にそこまで労力をかけたくない!

とりあえずこの記事を読めば、こういったお悩みが全て解決いたしますよ(‘ω’)ノ

記事内容
  • 持ち運びに便利な消毒用具の紹介
  • 外出時の哺乳瓶消毒方法
  • まとめ

 

それでは早速こんな感じの流れで進めていきたいと思います。

哺乳瓶の消毒で持ち運びに便利な携帯用具

外泊で使用する、哺乳瓶消毒用具一式

まず旅行先に持っていく消毒用具は下記になります。

  • チャック付ポリ袋240×340
  • 固体タイプの消毒剤2~3個
  • 哺乳瓶本体ボトル用ブラシ
  • 哺乳瓶乳首用ブラシ
  • 500ml空ペットボトル ※現地調達でOK
  • 食器洗い用洗剤

容器の代用として使うチャック付ポリ袋は、横240×縦340サイズで十分です。それ以上サイズが大きくなると値段も高くなります💦

袋の厚みは0.08mmがしっかりとしているのでおすすめですが、0.04mmの薄い方でもOK!
チャック付ポリ袋のサイズ

消毒剤は固体タイプの物を必要数持っていきましょう。1泊なら予備を含めて2~3個もっていけばいいかと。

あと水の量をはかる500mlの空ペットボトルは、現地調達でいいかも。宿泊先で大概飲み物を購入されるかと思いますので・・持っていく荷物は少しでも減らしておきましょう。

用具はこんな感じで、チャック付ポリ袋に余裕で収まる感じです。

チャック付ポリ袋に消毒用具一式が入っている
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
これならカバンに入れておいても、そこまで邪魔にならないです

 

必要な消毒剤と消毒用具を厳選してまとめておきましたのでご参考まで!

コスパが最強の消毒剤はコチラ☟

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤になります。参考まで/
哺乳瓶消毒剤おすすめの№1はコレ。

商品がすぐに売り切れ入荷待ちになりますので、お金に余裕がある方はご遠慮していただけますと助かります<(_ _)>

 

哺乳瓶を洗うブラシはコチラ☟参考まで

\絶対失敗しない!哺乳瓶消毒に使うおすすめ用具6選/

記事のタイトルで『哺乳瓶の消毒で使うおすすめ用具』
【絶対失敗しない!】哺乳瓶の消毒に使うおすすめ用具(容器、トング、ブラシetc)記事で紹介する哺乳瓶の消毒で使う用具は、実際筆者が1つ1つ試しながら厳選したものになります。これらを買えば絶対失敗することはありませんよ!...

筆者が実際に1年半使用していた商品で、間違いないものばかり。

 

コレがベスト!外出時の哺乳瓶消毒方法について

5つ星を指差ししている

それでは消毒剤と消毒用具が揃ったところで、次に使い方を説明していきましょう。

ちなみに筆者の場合、哺乳瓶は余裕をもって3本ぐらい持っていきます。それでは実際にこれらを消毒してみましょう。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
使い方は超簡単♪

 

持って行ったチャック付ポリ袋に、500mlペットボトル4本分の水を計2000ml入れます。そこに薬剤(今回はミルクポンS顆粒タイプ)を1包を投入する。

袋に水と薬剤を投入する

他メーカーのミルトンやチュチュつけるだけ錠剤タイプの薬剤も、同様に2000mlに1錠投入でいけます。

 

160mlの哺乳瓶なら3本同時に浸けられますので、一気に作業が片付きますね。

160mlサイズの哺乳瓶を3本一度に消毒している

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
哺乳瓶の消毒が終わったら、またそのポリ袋に消毒用具を入れて持ち帰る。全く無駄のない使い方♪
消毒用具をポリ袋に片付ける

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
あと言っておきますと、普段使っている用具を持っていくのはおすすめしません

ミルトン専用容器だと、大き過ぎて持っていくにはかなり邪魔になります。

サイズ的に高さ25㎝×奥行15㎝×横幅24㎝はキツイ!

ミルトンの専用容器サイズ

 

液体タイプの消毒剤もこれまたデカい!高さが25㎝、直径が9㎝もあります。

ミルクポン液体ボトルサイズ
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
こんなのカバンに入れたら、帰りのお土産が入らなくなるやん💦

 

まとめ:持ち歩きするなら固体タイプの哺乳瓶消毒剤を選ぼう

固体タイプの消毒剤にグッドサインを出している

ということで今回は旅行先で持ち運びしやすい消毒剤や消毒用具、また比較的簡単にできる消毒方法について解説していきました。

準備するものとしては下記になります。

  • チャック付ポリ袋240×340
  • 固体タイプの消毒剤2~3個
  • 哺乳瓶本体ボトル用ブラシ
  • 哺乳瓶乳首用ブラシ
  • 500ml空ボトル ※現地調達でOK
  • 食器洗い用洗剤

チャック付ポリ袋に一式入れて、カバンの中に入れておきましょう。

 

消毒方法は簡単で、チャック付ポリ袋に2000mlの水を投入して、薬剤を1包入れて溶かすだけです。

160mlの哺乳瓶なら一度に3本入りますので、1日使用した分をまとめて消毒することができます。

消毒が済んだら、またチャック付ポリ袋に用具をしまい持って帰りましょう。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
これだと旅行中の荷物も減って、外泊先でも簡単に消毒作業ができますのでかなり便利です♪

 

しっかりと準備して、旅行を思う存分楽しんじゃって下さい。では✋

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
消毒剤や用具がまだの方はコチラになります

筆者が1年半実際に使った商品しか紹介していませんので間違いないです。消毒用具なら100均のブラシから、また消毒剤なら有名メーカー全商品・・色々試しました👍

よろしければ参考まで☟

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤になります。参考まで/
哺乳瓶消毒剤おすすめの№1はコレ。

商品がすぐに売り切れ入荷待ちになりますので、お金に余裕がある方はご遠慮していただけますと助かります<(_ _)>

 

こういった哺乳瓶専用ブラシを含めた、消毒に必要な用具になります。参考まで

\絶対失敗しない!哺乳瓶消毒に使うおすすめ用具6選/

記事のタイトルで『哺乳瓶の消毒で使うおすすめ用具』
【絶対失敗しない!】哺乳瓶の消毒に使うおすすめ用具(容器、トング、ブラシetc)記事で紹介する哺乳瓶の消毒で使う用具は、実際筆者が1つ1つ試しながら厳選したものになります。これらを買えば絶対失敗することはありませんよ!...

筆者が実際に1年半使用していた商品で、間違いないものばかり。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA