哺乳瓶消毒用具

【見ないと失敗します!】哺乳瓶の消毒液を作るのに必要な消毒容器とトング選びについて

記事の表紙タイトルで『選ぶべき容器とトング』について書かれている

こんにちわ^^ 窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

ミルトンやミルクポンなど消毒剤だけでなく、もちろん作る道具も必要!

今回は哺乳瓶を浸ける消毒容器それを取り出すトングについて何を揃えればベストなのか?ここを徹底解説していきます。

 

結論からいいますと消毒液を入れる容器はミルトン専用容器、消毒液から取り出すトングはピジョンのはさみを選ぶのがベストです。

 

道具を適当に選んでしまうと、あとで買い直しとか面倒臭いことになっちゃいます。

ということで・・

記事でお伝えしたい内容
  • おすすめの消毒容器について
  • 100均のケースは使えるの?
  • おすすめのトングについて
  • 100均のトングは使えるの?
  • 消毒液にダメな素材はコレ
  • まとめ

この記事では実験や調査、また筆者が1年間使用した実績に基づいて商品を紹介していきます。

なので買って絶対に失敗することはないですよ(^^♪

 

それでは早速本文にいきましょう

おすすめしたい!哺乳瓶の消毒液を入れる容器(ケース)はコレ

色んなメーカーの消毒用容器が並んでいる

一番おすすめしたい哺乳瓶の消毒容器は、断トツでミルトン専用容器になります。

それは下記のようなメリットがあるからです。

  • 横幅24㎝×高さ25㎝×奥行15㎝とサイズが大きく、一度にたくさんの物が浸けられる
  • 容器・蓋・落とし蓋が全てPP素材で出来ているので消毒液に強い
  • 落とし蓋でしっかり浸け込め、容器蓋により外からの異物混入を防げる
  • 容器が半透明なので光(紫外線)を通さない、さらに中が見えるので測量しやすい
ミルトン専用容器の構造と機能を説明している

 

さらに便利機能として、蓋に50mlと25mlの計量カップがついてます。

 

他にもミルクポンのピジョン、チュチュつけるだけのジェクスからも容器は販売されてます。

ただ容器サイズが小さかったり、ミルトンの容器と比較すると何か物足りなさがあり、おすすめすることはできません。

その辺のところを詳しく解説しているのがコレ☟

最強の哺乳瓶消毒容器はどれ?ミルトン・ミルクポン・チュチュベビーつけるだけを徹底比較♪

 

ミルトンやミルクポン専用容器の代用として100均ケースは使えるの?

100均の蓋つきケースが置いてある

100均で売られているケースを、ミルトン専用容器の代用として使用できるか?ですが・・ハッキリ言いましておすすめできません

それはミルトン専用容器に付いている下記機能がほとんどないからです。

  • 大きなサイズの蓋付容器が100均に無い
  • 容器に目盛線が入っていないので測量しにくい
  • 落とし蓋が無いのでしっかり哺乳瓶が浸けられない
  • 容器が透明なので光(紫外線)を通し、消毒液の濃度が低下する

その他、蓋に計量カップなどもちろん付いていないです。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ミルトン専用容器は、1回購入したらずっと使用できますのでケチらず買いましょう♪

 

ちなみに今回調査したのは、100均でも大き目サイズのお米保管容器になります。

容器の寸法を測定、哺乳瓶何本入るかテストしている。

 

もっと詳しく知りたい方!100均ケースとミルトン専用容器の徹底比較☟

【ハッキリ言います!】ミルトンやミルクポン容器の代用品で100均ケースは使えるの?

 

 

哺乳瓶を取り出すのにベストはミルトンのトングか?ピジョンのはさみか?

ミルトンのトングとピジョンのはさみが置いてある

哺乳瓶を取り出すトングはピジョンのはさみが最強です。

使用するメリットとしては大きく4つあります。

  • 全長が長いので、哺乳瓶を取り出す際手が消毒液に浸かることが無い
  • 哺乳瓶をしっかり挟み込める形状と材質なので落とすことが無い
  • 哺乳瓶と接触する部分の材質が柔らかいので傷つけることが無い
  • 材質が消毒液に強い
ピジョンのはさみの先端部は柔らかい材質、対して本体は丈夫な硬い材質でできていることを説明している。

特にガラスの哺乳瓶は落下させると割れるので超危険です。

amazonで700〜800円ぐらいで買えますので、1本購入しておきましょう。

 

ちなみにミルトン専用容器に付属しているトングですが・・これハッキリいって使いにくいです。おまけ程度に考えておきましょう。

 

ミルトンのトングはなぜ使えないの?

対してピジョンのはさみはなぜこんなに人気なのか?詳細はこちら☟

哺乳瓶の消毒に使うトングはピジョンを選べ!なぜミルトンのトングはダメなのか?【徹底解説】

 

 

『ミルトントング』や『ピジョン哺乳瓶はさみ』の代用で100均商品は使えるの?

100均のステンレス製のトングで、哺乳瓶を挟んでいる

100均で売られているトングは使用しない方がいいです

それは下記のようなデメリットがあげられるからです。

  • 全長が短いので消毒液に手が浸かってしまう
  • 掴む先端部の材質が硬く、プラスチック哺乳瓶だと傷が入る
  • 2点支持で掴む為、不安定な状態となり落下に繋がる
  • ステンレスや木製素材のトングがあり消毒液に使用できない
100円トングとピジョンのはさみの掴みやすさを比較している。

正直に言いまして、ベビー用品専門メーカーが出している『ピジョンのはさみ』を買った方が絶対イイです。

やっぱりよく考えられてますね (‘-’*)(,_,*) ウンウン

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
1年以上使用するので使い勝手がいいものを買いましょう

 

100均トングとピジョンのはさみを徹底比較♪これだけ機能に差が!詳細はこちら☟

哺乳瓶の消毒に100均のトングを使ってもいいの?ピジョンの専用はさみと比較してみた

 

 

ミルトンなど消毒液に浸ける容器やトング素材には注意しよう

材質がステンレスの鍋底が拡大されている

ミルトン消毒・除菌液のような塩素系薬剤に、ステンレスや木製の品物を浸けてはダメです。

ステンレスなら錆、木なら消毒液が中身まで浸透して腐る原因となります。

 

なので台所に

『丁度いいサイズの鍋があったから消毒液を入れちゃおう』

『木製のトングがあったからこれで消毒液から取り出そう』

これらはやりがちな行為なので注意が必要です

 

反対に薬剤に強い材質は下記のようなものがあります。

  • プラスチック容器などに使用されるPP(ポリプロピレン)やPE(ポリエチレン)
  • 哺乳瓶などに使用されるガラス
  • 食器類に使用されるシリコン

これらはベビー用品に比較的よく使われています。何にしても消毒液に浸ける前には、素材の確認はしっかりしましょう。

 

実際にミルトンにステンレスや木を浸けてみて実験☟ 興味深い結果が(゚д゚)

【知らないとマズイ!】ミルトンにステンレス金属や木製品を浸けても大丈夫なの?

 

 

まとめ:ミルトン専用容器とピジョン哺乳瓶専用はさみで悔いなし

OKサインを出している可愛い女性がいる

それではまとめていきましょう。

哺乳瓶の消毒容器にはミルトン専用容器、取り出すトングにはピジョンのはさみがベストということで説明してきました。

これらは使い勝手がイイですし、消毒液にも強いので安心して使用出来ます。

 

価格はamazonだと

  • ミルトン専用容器で2000円弱
  • ピジョンのはさみで800円弱

2つ購入しても3000円もあれば十分、これは1回の飲み代よりも安い!

1回購入すればずっと使用できますので迷わず買いですね(^^♪

 

というワケで哺乳瓶の消毒に必要なアイテムについて紹介してきました。皆さんのお役に立てれば幸いです(*‘∀‘)

最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

 

消毒前に必要な哺乳瓶の洗浄グッズについて紹介☟

【これが最強!】哺乳瓶の洗浄にはピジョンのスポンジブラシとこの収納アイテムを選べ♪

節約生活♪哺乳瓶を洗う『スポンジブラシ』と『ブラシスタンド』は100均で代用できるの?

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA