ミルトン

ミルトンって体に悪いってホント?色んな角度から見て分かった真実( ゚o゚)ハッ

記事のタイトルで『ミルトンって体に悪いってホント?』

ども、窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

本日は『ミルトンってホントに体に悪いの?』というテーマになります。

よく巷で塩素というだけで健康に悪い!と悪者扱いされているミルトン・・そうじゃないんだよっていうことをこの記事で解説していけたらと思います。

 

結論からいいますとミルトンは体に悪いのではなく、むしろ赤ちゃんの健康を守る為に必要なものです。

 

ミルトンが絶対必要な理由と、塩素であっても正しく使用すれば、安全であることがこの記事で分かりますよ♪

 

記事の内容
  • ミルトンはなぜ体に悪いと言われるのか?
  • 実際ミルトンは毒性があって体に悪いのか?
  • 逆にミルトンを使用しないと体に悪いかも・・
  • まとめ

 

それでは本文にいきましょう

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

ミルトンはなぜ体に悪いと言われるのか?

体調不良で女性がうつむいている。

ミルトンはなぜ危険、また有害と言われているのか? それは塩素系の薬剤だからです。

塩素だと風呂・トイレ掃除に使用する花王ハイターのイメージがあります。汚れがしっかり落ちて強力な分、手につくと皮膚が溶けるとか・・

ただハイターとミルトンじゃ、主成分の次亜塩素酸ナトリウムの濃度が全然違います。

 

ハイター原液×ミルトン原液×ミルトン希釈液(哺乳瓶消毒用)の比較表を見て下さい。

次亜塩素酸
ナトリウム濃度
成分ph値
ハイター原液6w/v%強アルカリ性13.2
ミルトン原液1.1w/v%弱〜中アルカリ性11.3
ミルトン希釈液0.0125w/v%
(125ppm)
弱アルカリ性9.3

 

ハイター原液はミルトン原液の約6倍の濃度で、ph値が高く強アルカリ性の領域になってます。ph値は下記のように実際測定してみました。

ハイターとミルトンのph数値グラフ

さらにハイターは原液で使用しますので、作業時手肌につくとかなり危ないです。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
こういった花王ハイターをイメージすることから、塩素系薬剤のミルトンは危険!という認識が広まっているんだと思います

 

実際ミルトンは毒性があって体に悪いのか?

試験管に入った液体に毒性がないか?調査している

じゃー実際にミルトンは体に悪いのか?なんですけども・・調査してみました。

ミルトンには液体と錠剤タイプがあり、それぞれ成分が違ってきますので分けて説明していきます。

ミルトン液体タイプ

まず液体タイプからになります。前章で実測したph値からも分かりますように、弱〜中アルカリ性領域なので危険性は低いかと思われます。

  • 原液はph11.3 ➔ 弱〜中アルカリ性
  • 哺乳瓶消毒用で希釈濃度125ppmはph9.3 ➔ 弱アルカリ性

☞ミルトン液体タイプのph値を測定してみた

 

ちなみに原液を20倍以上(500ppm以下)に希釈した液体は、手指の消毒に使ってもいいとメーカーが公言しているぐらいです。

それぐらい肌についても、大丈夫な液体ということですね♪

 

ミルトン錠剤タイプ

ミルトンはこの錠剤タイプもあります。成分は固体の状態ではジクロル(ロ)イソシアヌル酸ナトリウムで、水に溶かすと次亜塩素酸水(次亜塩素酸溶液)に変化します。

哺乳瓶除菌用に120〜140ppmに希釈すると、測定器でph6.3になりました。

☞ミルトン錠剤タイプのph値を測定してみた

これは微酸性領域になり人肌に優しい溶液といえます。

 

使用方法は守ろう

ミルトンの液体と錠剤は、比較的危険性が低いということで説明してきましたが、それは禁止事項や使用上の注意点を守るのが大前提になります。

液が目や口に入らないようにするのは、当たり前のことなので分かっていただけるかと思います。

それより注意して欲しいのが、最後の液に触れた場合になります。そのままにせず洗い流さないと希釈液でも人によって肌荒れの原因になります。

 

 

逆にミルトンを使用しないと体に悪いかも・・

沢山の細菌が繁殖している。

『ミルトンは塩素で、なんか危なそうだから使うのを止めよう💧他の方法だと煮沸消毒があるのでこっちにしよう』と考えている方はちょっと待って下さい!

実は100℃の煮沸消毒では、倒せない細菌がいますので注意が必要です。

それは芽胞をもつセレウス菌やウエルシュ菌など熱に強い菌がいるからです。

☞詳しくはミルトンの成分とその効果について

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
大切な赤ちゃんが食中毒・感染症になったら大変ですので、ミルトンのような塩素系の薬剤を使いましょう

 

まとめ:ミルトンを正しく使用することで消毒・除菌を心掛けよう

吹き出しの中に電球が書いてある。

今回は『ミルトンは体に悪いのか?』をテーマに話してきました。確かに正しい使用方法を誤れば危険な面はありますが、そうでなければミルトンは問題無く安全な製品です。

むしろ塩素系薬剤のミルトンを使用しないと倒せない細菌がいます。赤ちゃんが体調を崩してしまうと大変!

そもそも煮沸消毒で全ての菌が倒せるなら、ミルトンや他メーカーが哺乳瓶用でわざわざ薬剤を作らないです。現状では何か足らない、必要な要素があるから生み出されたものだと認識した方がいいでしょう。

 

それに哺乳瓶を消毒・除菌するぐらいのミルトン希釈液なら、そこまで心配する必要は全くないです。

実測したph値をみていただければ分かりますが、微酸性 or 弱アルカリ性ですので赤ちゃんにかなり優しいですよ。

ということで不安に思っているママさん・パパさんに安心して使っていただきたいです(*‘ω‘ *)

 

ミルトンの安全について、よく不安として挙がっているポイントについてまとめてみました☟

気になるミルトンの安全性を徹底解説♪むしろミルトンを使わない方が赤ちゃんにリスク!

使う前に知っておくと安心です💛

\コスパ最強の哺乳瓶消毒剤はこちら!参考まで/№1の哺乳瓶消毒剤について

それでは長くなりましたのこの辺で・・最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA