ミルトン

【いったいどれぐらいもつの?】ミルトンCP錠剤と液体タイプの使用期限を教えて!

記事の表紙タイトルで『ミルトンの保管期限いつまでもつの??』と書かれている。

ども、こんにちは^^

窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回はミルトンの保管期限やその保管場所について解説していきます。

  • ミルトンはどれぐらい持つの?
  • 錠剤と液体があるけど..どっちが長持ちするの?
  • どういった場所に保管したらいいの?

こういった疑問をお持ちの方におすすめの内容となってます。

 

それでは結論から

使用期限は液体が3年、錠剤が4年になります。錠剤タイプの方が保管に向いており長持ちします。

 

使用期限を守らないと、しっかり薬剤の効果が発揮できませんので注意しましょう。

 

記事の内容
  • ミルトン錠剤の使用期限
  • ミルトン液体の使用期限
  • まとめ

実際に時間の経過と共に、どれだけ濃度が下がるのか?こういったことも実験してますので非常に参考になるかと思います。

 

では早速ですが本文の説明にいきます。

ミルトンCP錠剤タイプの使用期限

ミルトンの錠剤製品がある

ミルトンCP錠剤タイプの使用期限になります。

箱の側面に使用期限が記載されてますのでここをご確認下さい☟

ミルトン錠剤タイプの使用期限が箱に書かれている

最初の数字6桁に着目して202502 ➔ 2025年2月までとなります。購入したのが2021年3月なので4年ぐらい持ちますね。

商品自体は36錠入と60錠入のレパートリーがあります。ぶっちゃけそれぐらい長い期間保管できるなら十分使い切れるかと。

長期間(4年)持たすには保管場所も重要になってきます。湿気の少ない冷暗場所に置くようにしましょう。

 

ここでメーカーの言う通り、ほんとに4年間持つのか?検証実験をしてみました。

【検証内容】

購入した3月から現在8月まで、この半年ぐらいでどれぐらい濃度(ppm)が下がるのか?下記塩素チェッカーを使って確認。

塩素濃度測定用具一式が置いてある

2000mlの水に1錠を溶かした希釈液でみてみましょう。

 

【結果】

購入した3月が160ppmで、半年後の8月では153ppmでした。これは下がったというか・・液中濃度のバラツキの範囲内かと。

再度測定すると161ppmでしたので、薬剤は特に劣化しておらず問題無いですね。

ミルトン錠剤タイプは、半年経過後濃度が下がるのか検証した結果

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
とりあえず半年経過時点で濃度は下がってませんでした。この調子だと4年ぐらいは大丈夫そうです♪

 

 

ミルトン液体タイプの使用期限

ミルトンの液体製品が置いてある

次はミルトン液体タイプの使用期限ですが、これはボトルのこの箇所に記載されてます☟

ミルトン液体タイプの使用期限がボトルに書かれている。

2023.12つまり2023年の12月まで使えるということですね。購入したのが2021年2月なので3年ぐらい持つ計算になります。

ボトルキャップを一度開封してからも有効な期限なので、これだと十分に使い切れる感じですね(^^♪

保管場所は常温で直射日光を避けた湿気が少ないところにしましょう。あと一度開封した場合キャップはしっかり閉めておくのも忘れずに!

 

ではホントに3年間も持ちそうか?液体タイプでも検証していきましょう。

錠剤タイプと同様に購入した2月から、半年後の現在8月時点での濃度変化を塩素チェッカーで確認していきます。

濃度は80倍に希釈したものを作ります。

結果としては購入時点の2月が136ppmで、8月は129ppmでした。これは液中濃度のバラツキ範囲内で、半年経っても原液は劣化していないことが分かります。

ちなみに再度測定すると132ppmでした・・やっぱほとんど変わっていない\(^o^)/

ミルトン液体タイプは、半年経過後濃度が下がるのか検証した結果
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ボトルのキャップさえ閉め忘れなかったら、3年ぐらいはもちそうですね♪

 

普段使用する前にどうしても濃度が気になるという方には、水質試験紙でチェックをすることをおすすめしてます。

安い物なら1000円以下で売ってますので、気軽に購入して使えますよ♪

次亜塩素酸ナトリウムを測定する水質試験紙がある

試しに先程の濃度129ppmの消毒液に試験紙を入れてみました。そうするとだいたい濃度100〜200ppmの間ぐらいになりましたので、塩素チェッカーの値と一致しているのが分かります。

水質試験紙による色の変化と色見本を比較して濃度を測定する
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
これは定期的な消毒液の管理に使えそう。現状の濃度が分かるので安心♪

 

 

まとめ:ミルトンは有効期限を超えて使わないようにしよう!

時間の経過と共に時計が消えていっている

今回はミルトンの錠剤と液体タイプの使用期限について解説してきました。

■使用期限

  • ミルトン錠剤タイプは4年
  • ミルトン液体タイプは3年

錠剤の方が液体より塩素成分が飛びにくく長持ち!

実際にこれらは使用期限通りに持ちそうなのかを確認してみました。

購入してから半年で、どれぐらいの濃度(ppm)が低下するのか検証してみました。結果、錠剤と液体タイプの両方において濃度の低下がみられなかったです。

所感としてはメーカーの言う通り、使用期限の数年は持ちそうな感じがします。

 

ただ保管については注意が必要で・・湿気が少ない、冷暗場所に置くのが前提となります。

あと液体タイプについては、一度開封した場合必ずキャップを閉めて保管して下さい。大気と触れると濃度が低下してしまいます。

 

というワケで正しい方法で使用すれば、余裕で数年持ちますので使用期限に関してはそこまで気にすることはありませんね(^^♪

 

それでは今回はこの辺で、最後までお読み下さりありがとうございます!

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA