ミルトン

【知らなきゃ超マズイ!】ミルトンの消毒時間はどれぐらい?つけっぱなしはダメなの?

記事の表紙タイトルで『ミルトンの消毒時間はどれぐらがベストか?』ということが書かれている。

ども^^ 窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です🐶

今回はミルトンのような塩素系薬剤に、哺乳瓶をどれぐらい浸け込むのがベストなのか?これを徹底解説していきます。

  • どれだけ浸け込めば殺菌・除菌ができるの?
  • 浸け込み過ぎると哺乳瓶は痛まないの?
  • 浸けっぱなしだと哺乳瓶がベタつくのは気のせい?

こういった疑問にお答えしていきます。◎

 

結論からいいますと浸け込むのは1時間がベスト◎。ただしミルトンとミルクポンは1晩 7〜8時間浸け込んでもベタつきが少なく○。

 

子育てで忙しい主婦(主夫)のあるあるで

哺乳瓶の予備が無い時、消毒液に浸けてすぐに取り出したい・・

また夜に浸けておいて、朝取り出すという長時間のパターンも・・

こういった行動をとっても大丈夫なのか?この記事を読めばバッチリ分かりますよ(^^♪

 

記事の内容

ミルトン使用にあたり

  • 必要な消毒時間
  • 浸けっぱなしにしてもいいの?
  • 浸けると変色する?
  • 浸けすぎるとベタベタする?
  • まとめ

こんな流れでいきたいと思います。

 

それでは早速本文にいきましょう

ミルトンにつけおきする消毒時間はいつまで?

大きな時計の針が動いて時間が経過している。

ミルトンに浸け置きする時間ですが最低1時間以上は必要です。

それは多くの細菌は10分ぐらいで死滅しますが、中には1時間ぐらい浸けないと倒せない真菌もいているからです。

・真菌に対する殺菌作用
真菌や結核菌は一般細菌より抵抗性が大である。例えば、黒カビ(Asp.niger)に対しては有効塩素100ppm で 30~60 分、結核菌(M.tuberculosis)に対しては 125ppm・pH8.3 で 10 分、pH8.0・30 分で殺菌することができる。

引用元)ミルトン医薬品インタビューホームより

 

 

しっかり殺菌・除菌をする為、最低1時間以上というのが分かりましたが・・今度は何時間浸けてもいいのか?にフォーカスしてみていきましょう

ミルトンにつけっぱなしにしてもいいの?

ミルトンにたくさんの哺乳瓶を浸けている。

ミルトンに何時間浸けていいのか?調査していきました。

日中は1時間待って取り出せばいいワケですが、それができないことも・・

例えば『寝る前に浸け込む』こういった場合は取り出すのが朝になります。ざっと7〜8時間は浸けっぱなしですね💦

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
これは絶対あるある

 

ここで何時間浸けてもいいのか?メーカーの意見を直接聞いてみました。

メーカー意見

24時間は浸けっぱなしでも特に安全上問題はない。

ということなので『まず安全上は7〜8時間ぐらい浸けても大丈夫』ってことですね。

ここ一番重要なので押さえておきましょう!

 

次にミルトンに浸けっぱなしにすることで、起こりやすい現象をみていきましょう。

ミルトンで哺乳瓶が変色してしまう

哺乳瓶が2つ並んでいる

ミルトン消毒・除菌液に浸けっぱなしにすることで、哺乳瓶の乳首が白っぽく変色します。

それは乳首の材質がシリコーンゴムで、薬剤(水分)を吸収すると白く濁ってしまうからです。

 

新品時と半年経過後の乳首を比較すると、透明感がなくなり白く濁っているのが分かります。

半年使用した哺乳瓶の乳首が変色している

この写真の乳首ですが使用状態としては寝る前に浸け込み、朝取り出すパターンが多かったです。毎日7〜8時間は消毒液に浸かっていることになりますね。

やはり長時間浸け込んだ場合の方が、薬剤との接触時間が長くなり変色しやすいです。

 

ちなみに1回白く濁った乳首は洗っても透明には戻りません。でも見た目だけで赤ちゃんに影響することはありませんのでそこは安心して下さい💛

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ほぼ1年ぐらいこの状態で使ったけど全然問題ありませんでした

 

 

ミルトンが哺乳瓶やトングにつくことでどれだけベタベタするのか?実験してみた

哺乳瓶とトングを消毒液に浸けている

次に哺乳瓶をミルトンに浸けると、どれだけベタつくのか調査していきました。

ベタつきはそのままだと気持ちが悪いので、それを取る為に水道水で丁寧に洗う必要があります。これ超面倒(゚д゚)

なので少しでもベタつきをなくしたい!ということで・・

時間の経過によってベタつき具合が変わるのか

他メーカーの薬剤と比較してベタつきはどうなの?

こういったことを実験していきました。

 

それでは錠剤と液体タイプに分けてやっていきましょう(‘ω’)ノ

ミルトン錠剤タイプによるベタつき

ミルトン錠剤タイプに哺乳瓶を浸けた時のベタつきになります。

 

時間の経過によってベタつき具合がどう変わっていくのか?みていきました。

さらに他メーカーのミルクポン、チュチュつけるだけとベタつきを比較(‘ω’)ノ

各メーカーの哺乳瓶除菌剤が並んでいる。

 

浸けてから1時間と8時間経過後でどれだけベタつくのか・・はたして結果は?

各メーカーの除菌液に哺乳瓶をつけている

1時間経過後

チュチュつけるだけが一番ベタつきました。そして続いてミルトンとミルクポンがほぼ大差なくベタつく感じです。

正直1時間程度では、どの製品もそこまで気になるようなベタつきはありません。

なのでそこまで気にしなくてもいいかもです。

 

8時間経過後

全製品明らかに時間の経過とともにベタつくようになってきています。

その中でもチュチュつけるだけが一番ベタつくような感じです。続いてミルクポン、ミルトンが同じぐらいになります。

 

ベタつき具合が視覚的に分かりやすいように、除菌液から取り出した哺乳瓶を小麦粉の上で転がしてみました。

ミルトンとミルクポンはそんなに差がありませんでしたが、右端のチュチュつけるだけが一番小麦粉が多くついているのが分かります。

哺乳瓶を除菌液から取り出しあとに小麦粉をつけて実験している。

夜に浸け置きして朝に取り出すパターンの人は、ミルトンかミルクポンを選んだほうがいいかもしれません。

 

ミルトン液体タイプによるベタつき

ミルトン液体タイプに哺乳瓶を浸けた時のベタつきになります。

 

時間の経過によってベタつき具合はどうなるのか?先程と同じようにミルクポンやチュチュつけるだけと比較していきました。

哺乳瓶消毒・除菌液体タイプの各製品が並んでいる 各メーカーの哺乳瓶消毒・除菌液に哺乳瓶を24時間浸け込んでみた。

1時間と8時間経過後でそれぞれのベタつき具合を調査しました。

結果として錠剤タイプと全く同じようになり1時間、8時間経過後チュチュつけるだけが一番ベタつきました

ただ1時間後はどの製品もベタつきはそこまで気になるレベルではなく、対して8時間後はどの製品もそこそこベタついてました。

やっぱりその中でもミルトンとミルクポンのベタつきが少なかったです。

 

長時間しょっちゅう浸け置きする人は、ミルトンかミルクポンがいいかも(^^♪

 

まとめ:ミルトンを使っての消毒は適切な時間で!

人が砂時計を倒している

それではまとめていきましょう。

今回はミルトンの消毒・除菌液に浸けることでどれだけベタつくのか?色々調査していきました。

浸け込む時間と、さらに他メーカー『ミルクポン』『チュチュつけるだけ』と比較。

 

結果としては1時間浸けるぐらいなら、正直どの製品を使ってもそんなにベタつきがなかったです。

しかし1晩で8時間浸けた場合はどの製品もそこそこベタつきがあり、特にチュチュつけるだけが一番ひどかったです。

寝る前に消毒液に浸けて朝取り出す人は、ミルトン or ミルクポンを使った方がいいかもしれません。

 

このベタつき自体は水道水で洗えば綺麗に落ちますが、なかなか落とすのが面倒です。

絶対ベタつくよりベタつかない方がイイかと思いますので、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

それでは長くなってきましたのでこの辺で、最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA