ミルクポン

【哺乳瓶の除菌には絶対コレ!】使用歴1年以上の筆者がミルクポンS顆粒をすすめるワケ

記事の表紙で、ミルクポンS顆粒製品をおすすめしている女性

こんにちは^^ 窓際リーマン & 子育て奮闘中のチャン太郎(@chantaro0829)です。

今回は筆者イチオシの哺乳瓶除菌剤『pigeon ミルクポンS(顆粒タイプ)』について紹介していきます。

  • ミルクポンSのメリット・デメリットはどういったものがあるの?
  • 価格面について他製品と比較してどうなの?
  • 哺乳瓶に使うなら液体 or 顆粒タイプのどちらがいいの?

こういった疑問にお答えしていきます。

 

結論からいいますと、哺乳瓶などベビー用品の除菌に使用するならミルクポンS(60錠入)が間違いなく最強!

 

哺乳瓶の消毒は1年以上毎日するものなので、価格が安くて、扱いやすい製品を選びたいですよね(^^♪

 

記事の内容
  • ミルクポンS(顆粒タイプ)の種類
  • ミルクポンSのメリット
  • ミルクポンSのデメリット
  • ミルクポンSの価格
  • 哺乳瓶には顆粒か液体タイプのどちらがおすすめ?
  • まとめ

この記事を読めば、なぜ筆者がこんなに『ミルクポンS』を押しているのか分かりますよ(^^♪

 

それでは本文にいってみましょう

ミルクポンS顆粒タイプの種類

試験瓶に入れられた液体と顆粒が置いてある

ミルクポンSは顆粒(粉)タイプの除菌料で、下記2種類が製品にラインナップされてます。

  • ミルクポンS 20本入
  • ミルクポンS 60本入

これらは入数が違うだけで中身は全く同じものになります。

なので購入するなら、使用料の安い60本入タイプをおすすめいたします。

 

次章から製品の特徴についてみていきましょう

ミルクポンS顆粒のメリット

メリットと書かれたカードを持っている

ミルクポンSのメリットについて順番に説明していきます。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
この顆粒タイプ、メリットの方が圧倒的に多いです

 

除菌液を作るのが簡単

2000〜4000mlの水にミルクポンSを1本投入するだけなので、超簡単に除菌液を作ることができます。

液体タイプみたいに原液を毎回計量するのは面倒ですよね。これならそんな手間は全くなし!

顆粒と液体タイプの作り方をコチラで徹底比較☟

【超簡単!】ミルクポン消毒・除菌液の作り方を徹底解説【初心者歓迎♪】

作業性の違いがよく分かる(^_-)-☆

 

安全性が高い

ミルクポンS顆粒の主成分はジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで、水に溶けると次亜塩素酸水になります。

この次亜塩素酸水は微酸性で人肌に優しいです。だから手についたまま放っておいても手荒れの心配がありません。

 

対してミルクポンの液体タイプは、主成分が次亜塩素酸ナトリウムになります。

次亜塩素酸ナトリウムは弱アルカリ性で、手についたまま放置すると手荒れの原因になります。なので水ですぐに洗い流さないとダメです。

 

顆粒と液体成分の違いによって、効果と安全性がどう変わってくるのか?コチラで解説☟

【ピジョンのミルクポン成分&効果】哺乳瓶の消毒になぜ必要なのかコレで納得!

 

薬剤が長期保管できる

ミルクポンS顆粒タイプの使用期限は3年あります。液体タイプと比べても長期間保管ができます。

【顆粒と液体タイプの使用期限】

製品種類 使用期限
液体 ミルクポン消毒液 2年間
哺乳びん除菌料 2年間
顆粒 ミルクポンS 3年間

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
3年間も保管できるなら余裕で使い切れるね♪

 

雑貨品なのでどこでも購入できる

顆粒のミルクポンSは雑貨品なので、西松屋などのベビー用品店からドラッグストアまでどこでも購入することができます

対して液体ミルクポン消毒液は第2医薬品のため、薬局かドラッグストアでしか購入できないです。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ベビー用品店にはよく行くので、やっぱついでに買える方がいいよね

 

雑貨品と第2医薬品について、もう少し突っ込んで知りたい人はコチラ☟

雑貨品と第2医薬品はここが違う

 

携帯で持ち運びしやすい

ミルクポンS顆粒タイプはコンパクトで持ち運びしやすいです。

顆粒の箱と液体タイプのボトルの大きさを比較しましたが、ボトルの方が圧倒的に大きくて重いです。

顆粒タイプの箱と、液体タイプのボトルの大きさを比較している

さらにミルクポンSは箱ごと持ち歩かなくても、使用する分だけのスティックを持ち歩けばOK。カバンのサイドポケットに入ってしまうレベルですね(^^♪

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
実家で外泊することが多いので、この持ち運びしやすい顆粒タイプを重宝してます

 

顆粒なので水に溶けやすい

ミルクポンSは顆粒なので水に溶けやすいです。

他メーカーの固形タイプだと、通常錠剤になっているのでなかなか溶けにくいです。

でもこのミルクポンSだと水に投入後、パッと水中で顆粒が拡がりすぐに溶けます。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
顆粒になっている製品はミルクポンSぐらいなので、これはポイントが高い✨

 

各メーカーの錠剤・顆粒製品で一番溶けやすいのはどれ?実験してみた☟

【時短しよ♪】ミルトン錠剤・ミルクポン顆粒・つけるだけタブレット一番早く溶けるのは?

 

ミルクポンS顆粒のデメリット

格子の紙にデメリットと書かれている

ミルクポンSにも一応デメリットはあります。

でも筆者的にはそこまで気にならない内容かと思います。

自由な濃度で希釈液を作ることができない

ミルクポンS顆粒は、液体タイプのミルクポン消毒液みたいに、自由に濃度(ppm)を変えれません。

水2000〜4000mlに顆粒スティック1本投入になりますので、濃度範囲120〜240ppmでしか除菌液を作ることが出来ないです。

なので哺乳瓶などベビー用品を除菌する目的でしか使えないということですね。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ほとんどの人が赤ちゃんが使う哺乳瓶やおもちゃ、食器類の除菌に使うかと思いますので・・『ミルクポンS』で問題ないかと♪

 

この辺りはミルクポンの消毒・除菌液の作り方で詳しく解説してます☟

【超簡単!】ミルクポン消毒・除菌液の作り方を徹底解説【初心者歓迎♪】

 

自由な量で希釈液を作ることができない

2000〜4000ml単位でしか除菌液を作ることができないです。少量の2000ml未満では作れないということですね。

1日で使用した哺乳瓶を3〜4本まとめて除菌することが多いので、絶対2000ml以上の液は必要になってきます。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
2000ml以下で除菌液を作る機会がないので、この点は心配する必要はないかと思います

 

ミルクポンS顆粒の価格

PRICEの文字と光った電球が置かれている

ミルクポンS顆粒の価格は、他の有名メーカーを含めた全製品の中でも一番安いです。

『ミルクポンS顆粒60本入』が月あたりの使用料870円で安い!

ミルトン×ミルクポン×チュチュ 全製品価格一覧表

製品種類 製品価格 何日分 日当たり使用料 月当たり使用料
錠剤 ミルトンCP
36錠入
1320円 18日 73円/日 2190円/月
ミルトンCP
60錠入
2090円 30日 70円/日 2100円/月
ミルクポンS
20本入
591円 20日 30円/日 900円/月
ミルクポンS
60本入
1711円 60日 29円/日 870円/月
つけるだけ
24錠入
858円 12日 72円/日 2160円/月
つけるだけ
72錠入
1813円 36日 50円/日 1500円/月
液体 ミルトン消毒液
450ml
1100円 9日 122円/日 3660円/月
ミルトン消毒液
1000ml
1650円 20日 83円/日 2490円/月
ミルトン消毒液
3000ml
4400円 60日 73円/日 2190円/月
ミルクポン消毒液
1000ml
898円 21日 43円/日 1290円/月
哺乳びん除菌料
1000ml
880円 21日 42円/日 1260円/月
つけるだけ濃縮
400ml
877円 23日 36円/日 1080円/月
つけるだけ
1100ml
1210円 22日 55円/日 1650円/月
つけるだけ
3000ml
3000円 80日 38円/日 1140円/月
  • ミルトンはメーカー希望小売価格、ミルクポンとチュチュつけるだけは公式ショップ価格(取扱いがないものは価格.comの平均価格を記載)
  • 使用料は哺乳瓶の消毒・除菌用で、4000mlの液体を作った場合になります。

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ミルクポンSは家計に優しくホントに助かります♪

 

どの製品をどの店で購入するのがベストか? ☟コチラで徹底解説

【コスパ最強を教えます!】哺乳瓶の消毒液(剤)はどの製品が良くて安いの?

 

哺乳瓶にはミルクポン顆粒か液体タイプどちらが向いているの?

頭を抱えて悩んでいる女性

哺乳瓶などベビー用品には、絶対『ミルクポンS顆粒』をおすすめいたします。

それは・・

  • 水に顆粒スティック1本を投入するだけなので簡単
  • 成分が次亜塩素酸水なので安全
  • かかるコストが製品の中で一番安い

これら3つのメリットから選ばない手はないですね(^^♪

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
ベビー用品1択で使用するなら、濃度(ppm)を変える必要がありませんので、ミルクポンSを使いましょう

 

まとめ:ミルクポンS顆粒とミルクポン液体の違いを理解して使い分けよう♪

聴診器を手に持った女性が、一指し指を立てている

哺乳瓶の消毒・除菌に使用するなら、ミルクポンS顆粒タイプの1択で間違いないですね。

それは作業性・安全性・コスト面の全てにおいて優れているからです。

  • 作業性)規定の水量(ml)に投入するだけ
  • 安全性)微酸性の次亜塩素酸水で人肌に優しい
  • コスト面)870円/月で激安

その他にもコンパクトで持ち運びしやすい、長期間保管できる、顆粒タイプなので水に溶けやすい etc・・こういった利点があります。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
どういった製品を購入しようか悩んでいる方に参考にしていただければ幸いです♪

 

それでは今回はこの辺で、最後までお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、チャン太郎(@chantaro0829)でした🐶

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA