ミルク用水作り

余った粉ミルクの温め直しはアリ?赤ちゃんの健康に影響がなく簡単ならやり方を知りたい

記事の表紙タイトルで『粉ミルクの温め直しってアリ?』

こんにちは、子育て奮闘中 & 執筆担当のチャン太郎です🐶

今回は『一度作った粉ミルクを温め直して使えるのか?』というテーマで話していきたいと思います。

例えば

  • 温め直すことで雑菌がわいたりしないか?
  • どうやって温め直したらいいのか?
  • 温め直すのは手間?どれだけ時間がかかるの?

こういった疑問にお答えしていきます。

 

結論から言いますと正しいやり方でやれば温め直し(再利用)は可能。ただ手間とリスクを考えたら毎回作った方がいいです。

 

ミルクが足らないと赤ちゃんがグズるので、余るぐらいにいつも作っている方が多いのではないでしょうか。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
フレッシュなミルクを毎回赤ちゃんに与えるのが一番かもしれないけど・・余ったミルクをなんとかして使えないだろうか?というのが本音

 

この記事を読めば正しいミルクの温め直し方(再利用)、またそれを実施することでの手間やリスクまでバッチリ分かりますよ♪

それでは早速本文にいってみましょう

余ったミルクは再加熱して使えるの?

哺乳瓶と沸騰したお湯
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
余ったミルクって使えるのかしら?捨てるのがもったいないし・・

5度未満の冷蔵庫で保管しているミルクなら作ってから24時間以内、常温でも2時間以内だったら再加熱して使えます。

粉ミルクを調乳した後 2 時間以内に消費しない場合には、調乳直後直ちに冷やすものとし、(5°Cが上限温度である)冷蔵庫で保存しなければならない。5°C 未満の温度で冷蔵保存することで有害細菌の増殖が妨げられるか、増殖の速度を遅らせることになる。冷蔵保存した調乳済み粉ミルクについては、調乳から 24 時間以内で使い切るべきである。
引用元)厚生労働省『乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン』

 

ただ勘違いしてはいけないのが、再加熱は可能ですが毎回1から作ってフレッシュなミルクを与えるのがベストです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
作ってすぐ飲ますのがやっぱりいいです。再加熱などでモタモタしていると、雑菌が入り込み増殖するリスクがあります

 

余った粉ミルクの温め直し方は?

methodの文字余ったミルクの温め方は少し時間がかかりますが作業としては簡単

まず100度に沸騰したお湯と、5度に冷えたミルクを冷蔵庫から取り出して準備します。

容器に100度の沸騰したお湯を入れて、ミルクの入った哺乳瓶をつけます。注)哺乳瓶を回すと熱湯が飛び散り、火傷をする恐れがあるので止めた方がいいです。

100度の沸騰したお湯で、哺乳瓶を温めている

いわゆる湯煎で34~40度の飲み頃の温度まであたためます。

 

5度➔37度まで時間にしてちょうど3分間かかりました。結構長い💦

ミルクを湯煎して、人肌の温度まで温めている。

 

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ぶっちゃけ1から粉ミルクを作った場合の冷やす時間の方が短いですね

80度のお湯入れ粉ミルクを溶かし、そのあと34~40度まで冷やしますがこっちの方が早い。80mlのミルク量で2分30秒でした。

氷水でミルクを冷やしている

☞実験してみた!80度で作ったミルク40~200mlの冷える時間

 

粉ミルクを温める上での注意点

電球とpointの文字

粉ミルクを温める上で注意点がいくつかありますので、順番に解説していきます。

電子レンジでミルクを温める

手軽にできるからと電子レンジで加熱するのはダメです。

それは電子レンジだと均一に加熱することができず、部分的に熱い箇所(ホットスポット)ができてしまいます。

赤ちゃんが口元を火傷してしまう恐れがありますので注意したいところです。

 

実際に哺乳瓶に入った80mlのミルクを、湯煎と電子レンジで温めて比較してみました。

湯煎と電子レンジでミルクの温まり具合を比較
サーモグラフィで、湯煎と電子レンジ温めた哺乳瓶を測定

サーモグラフィで確認すると、湯煎3分加熱の場合均一にミルクが温められていることが分かります。

対して電子レンジの30秒加熱であると、スポット的には赤い色40度以上に温まってますが範囲が狭いです。これを全体的に40度にしようとした場合、50度以上の高温スポットが発生し危険な状態になります。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
確かに電子レンジの方が圧倒的に加熱が早いですが・・スポット的に高温になって危険なので止めた方がいいね

 

長時間15分以上温める

粉ミルクは15分以上温め続けてはいけません。

それは時間をかけてゆっくり温めてしまうと、雑菌が一番繁殖する環境20~40度を長時間維持することになるからです。

粉ミルクは 15 分を越えて加温し続けることがないようにする。これは、長時間再加温することで、粉ミルクを有害細菌の増殖にとって理想的な温度下に置くことになるからである。
引用元)厚生労働省『乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン』

 

再度温め直してから2時間以上経過

再度温め直してから2時間以上経過した粉ミルクは、廃棄した方がいいです。

長時間放置していくことで、雑菌が繁殖する恐れがあるからです。

2 時間以内に飲まなかった再加温した粉ミルクは、全て廃棄する。
引用元)厚生労働省『乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン』

 

まとめ:余ったミルクを再加熱するなら正しいやり方で!もしくは毎回処分した方がいいかも

OKサインを出している女性

余ったミルクの温め直し(再加熱)について解説してきました。

正しいやり方で温め直して再利用は可能ですが、時間がかかりますし、雑菌繁殖のリスクがつきまといますのでハッキリ言っておススメはできないです。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
余ったミルクは処分して、赤ちゃんには毎回フレッシュなミルクを与えるのがいいかも✨

 

ミルクを捨てるのはちょっと勿体ないですが、赤ちゃんが飲む期間は大体1年半ぐらいなのでそれぐらいは仕方ないと割り切りましょう。

筆者もミルクは毎回捨ててました。おかげ様で赤ちゃんが大きく体調を崩したりとかそういったことは一切なかったです。

 

ということで、もしミルクを温め直して再利用したいという方は記事を参考していただければ幸いです。

それでは今回はこの辺で、最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

またお会いしましょう、では✋

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA