ミルク作りに使う水

【調乳に使うのはRO水or天然水?】赤ちゃんの粉ミルクを作るのに安全な水を徹底追求♪

記事の表紙タイトルで『赤ちゃんミルク作りにはRO水か天然水どっち?』

こんにちは、執筆担当で子育て奮闘中のチャン太郎です。

今回は赤ちゃんのミルク作りに使う水として、水道水と並んでよく使われるRO水と天然水について徹底解説していきたいと思います。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
  • そもそもRO水 & 天然水とは?
  • RO水 & 天然水の違いは?
  • RO水 or 天然水のどちらがおすすめ

こういったことに疑問をお持ちの方にピッタリの内容となってます。

 

結論からいいますとミルク作りには、RO水が安全で一番おすすめです。

 

この記事を読めばRO水と天然水について理解が深まり、どういった水が赤ちゃんの健康にとってベストなのかが分かりますよ(^^♪

それでは早速本文にいってみましょう。

RO水とは?

人工的に作られたRO水
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
そもそもRO水ってどんな水なの?

簡単に説明しますと逆浸透膜と言われるフィルターに原水を通して、不純物をほぼ100%取り除いた水を指します。※ちなみにROはReverse Osmosisの略で訳して逆浸透

 

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
う~ん逆浸透の意味がイマイチ分からない・・
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
OK!まず浸透の説明から順番にいきますね

下記図のように不純物が混ざった水と、不純物が混じっていない純水を半透膜で区切ります。※半透膜とは水のような小さい分子だけが通るような膜

浸透は水分子が半透膜を通り不純物側に移動することで、この水に溶けた不純物の濃度を均一化させようとする現象になります。

浸透についての説明
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
よく聞く浸透圧とは、水分子が不純物側に浸透しようとする圧力

 

RO水は先程の浸透圧より強い圧力をかけて、水分子だけを逆半透膜(RO膜)を通して取り出す方法になります。こういった技術で使う半透膜を逆半透膜(RO膜)と呼びます。

RO水の作られる原理
旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
逆半透膜には0.0000001mmの小さい穴が無数にあいてます。毛髪の太さが0.08mmなのでいかに小さいか分かる!
物質の大きさ

 

実際にRO水を作るフィルターはこういった形状をしてます。不純物の混ざった水は逆浸透膜を通って不純物が取り除かれ、中のパイプ管に純水が集められる構造。

取り除かれた不純物は濃縮水として排出されます。クロスフローろ過方式といって、逆浸透膜についた不純物を洗い流すような感じです。

クロスフロー方式
嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
不純物を含んだ濃縮水と純水の2種類が出るのね・・てっきり不純物だけがフィルターに残って、純水だけが出てくるのかと思ってた💦

 

天然水とは?

自然に存在している天然水

天然水は水質・水量が安定した水源から採水された自然の地下水になります。さらに採水した水は、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の処理を行ってはダメです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
自然の中で採水して、ほぼ手を加えていないものでないと天然水や自然水と呼ぶことができません

『ナチュラルウォーター』と『ナチュラルミネラルウォーター』が、天然水(自然水)と呼ばれているものになります。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
ナチュラルウォーターを鉱化させたものがナチュラルミネラルウォーターです。簡単にいうとナチュラルウォーターよりミネラルがたくさん含まれた水ということ

 

ここで注意していただきたいのが、『ミネラルウォーター』というのが天然水ではないということです。勘違いしている人が非常に多い💦

ミネラルウォーターは自然の中で採水した水に、ミネラル(主にナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム)を混ぜて品質を安定化させてます。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
むしろミネラルウォーターの方が味(品質)が安定しているので間違いないかも

 

これら3種類の水を分かり易く表でまとめるとこんな感じです☟

3種類の水をまとめた一覧表
引用元)農林水産省ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン

 

粉ミルク作りにはRO水と天然水どちらがいいの?

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
粉ミルク作りにはRO水と天然水…どちらがいいの?

一番重要である安全面から見た場合、ズバリRO水になります。

それは自然界にはヒ素や水銀などの有害物質が、若干ではありますが存在しており天然水にも混ざっている可能性があるからです。特に湧き水は周辺環境の影響をもろに受けますので注意が必要です。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
その周辺の環境が汚染されていれば最悪💦

☞水に含まれる有害物質とは?

 

国内の天然水については、沈殿・ろ過・加熱殺菌処理を基本はしてますが、それでもどうしても小さな有害物質は通してしまいます。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
例えばヒ素の大きさはなんと0.000007mm、小さ過ぎ・・

 

対してRO水なら、逆浸透膜(RO膜)でほぼ全ての有害物質を取り除いていますので超安全です。

ただデメリットとしては味を演出するカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムまで逆浸透膜で取り除かれてしまうことになります。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
でもこの点はご心配なく!RO水のウォーターサーバーで有名なアクアクララやクリクラは、逆浸透膜で有害物質を取り除いたあと、最後にミネラルを加えることで美味しくしてます

 

身近にある水道水はミルク作りに使ってもイイの?こういった疑問をお持ちの方はコチラ☟

【調乳に安全な水が知りたい!】粉ミルクを作るのに水道水を使って大丈夫なの?

 

まとめ:調乳に使うなら安全な水を選ぼう♪

赤ちゃんにミルクをあげているママ

今回は赤ちゃんのミルク作りに使うのに、RO水か天然水のどちらが向いているのか徹底解説してきました。

ミルク作りにはズバリRO水が一番安全になります!

それは逆浸透膜(RO膜)により有害物質が取り除かれるからです。

旦那(チャン太郎)
旦那(チャン太郎)
水分子だけをしっかり通して、有害物質をブロックしてくれるので安心

 

対して天然水は自然界に存在する水になります。これにはほとんど手を加えられておりませんので、若干ですが有害物質は含まれてます。※ヒ素や水銀などは自然界にあたり前に存在

水道水に関しても配管に使われている鉛や、水を消毒する残留塩素の影響で発生するトリハロメタンが必ず含まれています。

嫁(チャン子)
嫁(チャン子)
成人が飲むなら気にしなくてもいいレベルの量かもしれませんが・・抵抗力の低い赤ちゃんにあげるので、出来るだけ有害物質は取り除きたいところです

 

以上それでは長くなってきましたのでこの辺で、最後までお読み下さりありがとうございました<(_ _)> この記事がママさんやパパさんのお役に立てれば幸いです。

では、またお会いいたしましょう✋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA